浦上村宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
浦上村宗
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 享禄4年6月4日1531年7月17日[1]
別名 掃部助(掃部)[1]
戒名 桃岳祐林
墓所 岡山県備前市木谷
官位 美作守[1]
幕府 室町幕府 備前守護代
主君 赤松義村政村(政祐)
氏族 浦上氏
父母 父:浦上宗助[1]
兄弟 村宗宗久[1]
佐用則純
政宗[1]宗景[1]

浦上 村宗(うらがみ むらむね)は、戦国時代武将備前国美作国播磨国戦国大名浦上宗助の子(一部、宗助の叔父・浦上則宗の実子とする家系図もある)。

赤松氏に臣従し、主君・赤松義村から偏諱(「村」の字)を受けて村宗と名乗るも、のちに義村から独立する姿勢を見せてこれを殺害した。その後も義村の子・政村(政祐)と抗争し一旦は和睦するが、大物崩れの際に政祐の攻撃に遭い討ち死にした。

浦上氏の略歴[編集]

浦上氏紀長谷雄の子孫(紀貫之の子孫との説もある)で、播磨揖保郡浦上郷(浦上庄)が苗字の地である。鎌倉時代末期、ここ播磨から赤松則村(円心)が史上に現れると、浦上氏もその麾下として活動した。鎌倉幕府の倒幕にも参加している。その後の南北朝時代には、後醍醐天皇を中心とした建武の新政権を見限り、早くから足利尊氏に従ったことから室町時代に赤松氏は大きく繁栄した。

そのなかで浦上氏からも史上に登場する人物が現れた。それは『太平記』に名が見える浦上七郎兵衛行景五郎左衛門景嗣らである。しかし室町幕府の下で飛躍的に勢力を拡大した赤松氏も、足利義教の行った恐怖政治と惣領制への干渉を受け、やがて嘉吉の乱を起こした。これは圧迫に耐えかねた赤松満祐が自邸で将軍義教の暗殺を行うと言う形で起こされたもので、その後京を引き上げた満祐は播磨で抗戦の構えをみせるものの、幕府が動員した守護連合軍に敗れ赤松氏はその勢力を失った。しかし、浦上氏ら赤松氏の遺臣は満祐の弟・義雅の孫の赤松政則をもりたてて、主家再興を企画し成功させる。その主家再興に活躍した名臣浦上則宗の下で赤松氏と浦上氏は勢力を大きく伸ばした。

赤松氏は応仁の乱では東軍(主将細川勝元)に加わり、則宗は勢力基盤である播磨周囲の伯耆国因幡国などの西軍山名氏の領国で、さらには洛中で赤松軍を率いる主将として活躍した。そのため応仁の乱の後、赤松政則が侍所の所司に任ぜられると、則宗が所司代となり実務を司った。浦上氏は全盛期を迎えようとしていた。

経歴[編集]

則宗の養嗣子である浦上祐宗(すけむね)の跡を継いで浦上氏の当主になったと見られるものの、肝心の家督相続の経緯、時期については永正年間前半の祐宗、村宗の動向を示す史料が少ない為、はっきりしない。

そもそも、浦上家中における村宗の立場についても判明していない。則宗、則景、祐宗らの養子として系図を繋げる文献もあるが、証拠と裏付けられるだけの史料は無い。それに元々浦上氏の嫡流であった浦上則永の孫に当たるので則宗の子、養子が悉く死んだ後ならば誰の養子にならずとも相続の順が回って来たとしても不思議ではない為、これらの系図の信憑性には疑問が残る。

主家との暗闘[編集]

主家では赤松政則の死後、その養子である赤松義村が幼年であったこともあり、政則後室である洞松院の後見や、浦上氏などの支持を受ける形で、播磨・備前・美作の守護職に就いた。その後、義村は成長するにつれ、大きく勢力を伸張させた守護代 浦上氏に惧れを抱き、また自立の機会を窺っていた。

永正14年(1517年)、この頃よりようやく政務に参加するようになった義村は、2人の宿老(浦上村宗、小寺則職)と義村の3人の側近(櫛橋則高志水清実衣笠朝親)から構成される新体制を布く。しかし、この新体制は 「宿老の専横抑制と義村自身の発言力の強化」 を狙う意図が見え透いていたため、村宗は義村に反発するが、さらにもう一人の宿老である則職とも対立してしまう。これにより則職や3人の側近による讒言で立場を悪くした上に、これを重んじた義村によって、出仕差し止めという仕置きを下されてしまった。

武力闘争に発展[編集]

このように、あからさまな赤松氏の権力機構からの排斥行為に怒った村宗は、宇喜多能家などの家臣らと共に備前へと帰り、三石城に籠もって赤松氏への反旗を翻した。

永正16年(1519年)冬、この謀反を自身の更なる権力強化の好機と捉えて征伐軍を動員した義村によって、三石城を包囲された。しかし、村宗も赤松氏と敵対関係にあった備前の最大国人 松田元陸と密かに結ぶなど対策を講じていた。結局、後詰めに元陸が現れるとの報も功を奏し、要害の地に築かれた堅守の三石城を攻めあぐねていた義村の撃退に成功した。

しかし翌年の永正17年(1520年)にも、討伐軍(義村自身の出征ではなく、小寺城主 小寺則職を主将)に再攻される。この時の討伐軍は浦上氏の本拠への攻撃よりも、浦上派へ転身した美作守護代中村則久など浦上派の諸城への攻撃が優先されており、浦上派の弱体化を意図したものであった。

当初は美作の浦上派諸氏を圧倒する討伐軍(赤松派)の優勢に思われたが、村宗の命を受けた宇喜多能家が遊撃戦で赤松軍を度々撹乱。また、中村則久が籠もる堅牢で岩屋城も、十分な備蓄により200日余の包囲を耐えしのぎ陥落しなかった。やがて決め手が無いまま美作へと兵を送る赤松軍に対して、村宗は一転して松田元陸と共に本格的な攻勢に転じ、美作へ出征してきた赤松軍の背後を襲撃。さらに赤松軍の赤松村景などを懐柔して離反させる事にも成功。討伐に押し寄せた赤松軍を逆に弱体化させた末に、大将である小寺則職を含む200人余りを討って討伐軍を壊滅に追い込む。この勝利により義村の威信失墜に大きな影響を与え、主従の武力関係すら逆転させた村宗はその後、播磨への反撃侵攻に転じている。やがて軍事的圧迫を嵩(かさ)に、同年11月には義村から嫡子才松丸を引き渡させた上に、義村自身を強制隠居にまで追い込んだ。そして、当時8歳の才松丸改め赤松政村(後の赤松晴政)に赤松氏の家督を継がせると、自らこの後見人となった。

翌永正18年(1521年)の正月、足利亀王丸を奉じた義村により再挙兵されるも、これを撃破。亀王丸の確保を目論む村宗は、嘘の和睦の持ちかけに応じた義村を和解の席で捕縛し、播磨の室津に幽閉した。しかし村宗は非情な決断を下し、元号が大永に変わった同年9月には、刺客を放って幽閉先の義村を暗殺させた。これにより名実共に、播磨・備前・美作の支配権を奪って戦国大名への道を歩み始めた。

その頃、亀王丸は管領の細川高国に請われて上洛を果たすと、足利義晴として征夷大将軍となっている。

ただ、影響力を拡大させた浦上氏ではあったが、その権力の拠り所は未だ赤松氏に依存する所が大きく、完全に下克上を果たしたとは言えなかった。結局の所は赤松の当主に傀儡を立てて、その影で権力を行使するという形でしか支配の正当性を担保出来なかったのである。また但馬の山名誠豊からの播磨侵攻を受けた際には、赤松氏との共闘も見せているが、山名氏の脅威が去った後は成長して村宗の専横に反発するようになった政村と、それを支援する浦上村国など一族の有力者と争いつつ、政村を置塩城より追放し、美作へ追いやったこともある。

最期[編集]

力をつけた村宗は、細川晴元との抗争に敗れて京を追われた管領細川高国からの参戦依頼を受けると、主君政村と一時和睦した上で上洛の軍を起こし、細川氏の家督争いへ介入するようになる。渡邊大門は高国を支援して上洛を果たさせる事によって播磨・備前・美作などの守護の座に就き、赤松の影響力を廃した支配体制を築きたいという打算があったと推測している。

当初は、東播磨で村宗と対立してきた別所村治を破って三木城を占拠すると、播磨の鎮圧に派遣されていた晴元派の重鎮である柳本賢治を刺客によって殺害。播磨での勢いのまま進撃し摂津国池田城を攻略するなど、高国の再入京を後押しするほど優勢であった。ところが享禄4年(1531年)、晴元たち敵対勢力の中枢である堺公方府への遠征(中嶋の戦い)で手間取り、膠着状態に陥る。そして同年6月には、大物崩れで晴元や三好元長に敗北しただけでなく、討死してしまう。

なお、この勝敗の帰趨を決したのは、増援であったはずの政祐(政村より改名)に裏切られ、背後から攻撃されたことであった。政祐のこの行動は、父の無念を晴らし、かつ守護としての実権を取り戻すためと説明されることが多い。

村宗の死後、家督は幼少の嫡男・虎満丸(後の政宗)が継いだ。以後も赤松・浦上両氏は対立・和睦を繰り返している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 今井尭ほか編 1984, p. 330.

参考文献[編集]

関連項目[編集]