黒田利則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
黒田利則
Kuroda Toshinori.jpg
修理亮利則(福岡市博物館蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄4年3月4日1561年3月19日
死没 慶長17年3月5日1612年4月5日
改名 甚吉(幼名)、利則
別名 四郎太(通称)、長基、養心(号)
諡号 養翁
戒名 宗源院
官位 修理亮
主君 豊臣秀吉豊臣秀長黒田孝高
氏族 小寺氏黒田氏
父母 父:黒田職隆、母:神吉頼氏の娘
兄弟 孝高、利高利則直之
間島氏常の娘
正喜正興
テンプレートを表示

黒田 利則(くろだ としのり)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将黒田氏の家臣で、黒田二十四騎黒田八虎の一人。

生涯[編集]

永禄4年(1561年)3月4日、黒田職隆の三男として播磨国姫路で生まれる。異母兄に黒田孝高(如水)などがいる。

天正5年(1577年)より羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕え、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いに参戦する。功名を立て、その後は羽柴秀長に転仕する。

天正15年(1587年)、九州平定に秀長軍として従軍。この頃、周防国山口でキリシタンの洗礼を受ける。兄・孝高が豊前国を拝領すると黒田家臣となり、2,000石を支給される。文禄元年(1592年)の文禄の役では侍大将として従軍。一旦帰国後に養心と号している。慶長の役の際にも旗本備として参加している。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの際には、豊前国中津城の守備に当たる。その後、甥の黒田長政福岡藩主になると、1万2,000石に加増された。また、兄・孝高の死後、孝高の肖像画を崇福寺に奉納した。

慶長17年(1612年)3月5日に死去した。享年52。

参考文献[編集]