大久保忠順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおくぼ ただより
大久保忠順
Ookubo Tadayori.jpg
生誕 1857年5月19日
死没 1914年5月11日
墓地 目青不動教学院
国籍 日本の旗 日本
職業 貴族院議員柔術家
流派 天神真楊流柔術

大久保 忠順(おおくぼ ただより、安政4年4月26日1857年5月19日) - 大正3年(1914年5月11日)は、江戸時代末期の大名下野烏山藩の第8代(最後)の藩主。烏山藩大久保家9代。貴族院議員、子爵

第7代藩主大久保忠美の長男。正室は慈光寺有仲の娘。継室は稲垣長明の娘。子は大久保忠春(長男)、大久保忠誠(次男)、大久保忠篤(三男)、桜井忠正(四男)、娘(諫早家興室のち森俊六郎室)。官位は従五位下佐渡守。

経歴[編集]

元治元年(1864年)、父の死去に伴い8歳で襲封する。明治2年(1869年)、版籍奉還により知藩事となる。明治4年(1871年)、廃藩置県に伴い烏山県(現在の栃木県那須烏山市)知事となる。華族に列す。明治17年(1884年)7月8日、子爵を叙爵した[1]

大正3年(1914年)、58歳で没した。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『官報』第534号「叙任及辞令」1914年5月12日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
烏山大久保家初代
1884年 - 1914年
次代:
大久保忠春