堀親良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
堀 親良
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正8年(1580年
死没 寛永14年5月13日1637年7月5日
改名 吉千代(幼名)→孫太郎→秀家→秀成→良政→親良
別名 弥太郎(通称)
戒名 東江寺殿梅也宗月大居士
墓所 東京都渋谷区広尾の東江寺
官位 従五位下、美作
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠家光
越後蔵王堂藩主→下野真岡藩主→下野烏山藩
氏族 堀氏
父母 父:堀秀政、母:喜多島良滋の娘
兄弟 秀治親良村上義忠近藤政成
正室:浅野長政の娘
親昌親智親泰、娘(日野資栄室)
養子:鶴千代

堀 親良(ほり ちかよし)は、安土桃山時代から江戸時代前期の大名。信濃飯田藩堀家初代。堀秀政の次男。

生涯[編集]

父・秀政や兄・秀治と共に豊臣秀吉に仕える。

小田原征伐のとき、11歳で初陣を飾り、父の死後越前国に2万石を領し、天正19年(1591年)従五位下、美作守に叙任され、秀吉より羽柴氏豊臣姓を下賜され、秀家の名を賜る。堀直敬は秀家改名前の名乗りを「秀成」とするが、親良文書を一覧化した田嶋悠佑は、慶長12年(1607年)に死去した山中長俊宛の書状に秀成の署名が見られることから、同年以前に秀家から秀成へと改名したとする[1]

その後、秀治と共に越後国に転封となり、蔵王堂に4万石を領し、うち1万石を家老の近藤重勝に分与した。秀吉が死去すると、遺品として「助真の刀」を拝領。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは兄と共に東軍に与する。「上杉景勝本国にありなから逆謀をくはだて、斎藤柿崎丸田等を軍長とし、一揆の党をひきひて会津のさかひ下田村に楯籠、このとき親良みつから軍士をあいしたかへ、いとみたたかひて首級を得、すなはち、上意に達す、」(『寛永諸家系図伝』)とあるように、会津の上杉氏が越後で仕掛けた上杉遺民一揆の鎮圧に奔走する。この功により、徳川家康秀忠から感状を賜る。感状には羽柴美作守殿とあり、この頃はまだ羽柴を称していた。戦後、家康から所領を安堵された。

慶長7年(1602年)頃、同族の堀直政と不和になって対立し、病と称し京都伏見にあった亡父の屋敷に隠遁した。このとき、家督を養嗣子の鶴千代に譲っている。譜代の家臣を連れて京、大坂を経て紀州に入り、紀州を領していた妻の生家の浅野家に寄った。岳父浅野幸長に身の処置について相談、駿府の家康に拝謁して、命により将軍・秀忠の家臣となった。4年勤めた後、慶長16年(1611年)、下野国真岡に1万2,000石を賜り、江戸で秀忠に拝謁する。一方、この間に堀氏宗家は改易処分を受けているが、出奔していた親良は連座をすることはなかった[2]

大坂の陣では土井利勝の旗下で奮戦。この頃、羽柴氏を廃して堀氏へ戻し、秀成の名も良政と改めた[3]元和4年(1618年)実弟近藤政成減封分として美濃国に5,000石加増、寛永4年(1627年)下野国烏山城を賜り、烏山に2万5,000石を領した。今日知られる「親良」の名乗りが確認できるのは、烏山入封以降の事である[4]

脚注[編集]

  1. ^ 田嶋(佐藤編)、2016年、P295-298
  2. ^ なお、親良の死去時の遺物の配分には一族の堀季郷堀利重堀直之(直政の子)も指名されており、一族との関係が完全に断絶した訳ではない(田嶋(佐藤編)、2016年、P305-307)。
  3. ^ 田嶋(佐藤編)、2016年、P298-299
  4. ^ 田嶋(佐藤編)、2016年、P299

参考文献[編集]

  • 『寛永諸家系図伝』
  • 堀直敬『堀家の歴史』堀家の歴史研究会、1967年
  • 村川浩平『日本近世武家政権論』、近代文芸社、2000年。
  • 田嶋悠佑「堀親良文書の基礎的研究」(佐藤博信 編『中世東国の政治と経済 中世東国論:6』(岩田書院、2016年) ISBN 978-4-86602-980-1