大久保忠保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大久保 忠保(おおくぼ ただやす、寛政3年5月27日1791年6月28日) - 嘉永元年9月5日1848年10月1日)は、江戸時代後期の大名下野烏山藩の第6代藩主。烏山藩大久保家7代。

第5代藩主大久保忠成の長男。母は第4代藩主大久保忠喜の娘。正室は水野忠光の娘、継室は立花鑑寿の娘。子に大久保忠寿(長男)、大久保忠美(三男)、一色忠金(四男)、大久保忠貫(五男)、戸田忠養(六男)、娘(稲垣太篤正室)、娘(堀田一清室)。官位は従五位近江守。

文政10年(1827年)、父の隠居に伴い家督を相続した。嘉永元年(1848年)9月5日(10月18日とも)、父に先立ち58歳で没した。長男の忠寿は廃嫡し、三男の忠美が跡を継いだ。