夜嵐おきぬ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夜嵐 おきぬ(よあらし おきぬ)は、幕末から明治初期に実在した毒殺犯原田 きぬ(はらだ きぬ、生年不詳、弘化元年(1844年)説 - 明治5年2月20日1872年3月28日))をベースとして生まれた新聞錦絵等における登場人物及び後年製作された映画作品のタイトルである。

原田きぬ本人については処刑の時に発行された「東京日日新聞」の資料があるが正確な資料は少ない。夜嵐おきぬの物語は現実の原田きぬのそれというよりは、それに脚色を加えたフィクションである。木下直之は夜嵐おきぬの物語について「物語も画像も必ずしもキヌの事件に必ずしも内在する必要はなく、戯作者と絵師の判断に委ねられる」と述べている[1]

夜嵐の異名は、お絹が処刑の際によんだとされる辞世「夜嵐のさめて跡なし花の夢」からきている。

ストーリー[編集]

1844年あるいは弘化年間前後の時代に、三浦半島城ヶ島の漁師・佐次郎の娘[2]として生まれたらしい。彼女は16歳のときに両親と死別し、伯父に引き取られ江戸に出て芸妓になることになり「時尾張屋」において「鎌倉小春」と名乗りその美貌から江戸中の評判を取る[3]

そのとき、大久保佐渡守下野国那須郡烏山藩三万石城主)に見初められ、黒沢玄達日本橋の医者)を仮親とし、大久保家の御部屋様側室)となり、名を花代と改めた。安政4年(1857年)、世継ぎの春若を生んだが、その3年後に佐渡守が44歳で死去し、二人の新婚生活に終止符が打たれた。

花代は当時の慣例に従って仏門に入りることになり、名を「真月院」と改め、亡き夫の冥福を祈る生活に入ったが、これは半ば強制されたもので、真の信仰心から仏門に入ったのではなかったので、そのような生活には馴染めず、やがて状態になり、勧める人があって箱根転地療法に出かけることになった。

同所で「今業平」の異名を持つ日本橋呉服紀伊国屋の伜、角太郎と出会うことになり、やがて二人は恋に落ちた。江戸に戻った後も二人の関係は続き、角太郎がきぬの元に通う生活が始まった[4]。だが、そのような禁断の恋が許されるはずもなく、やがてその乱行不行跡が大久保家の知るところとなり、きぬは同家から追放された。その後、角太郎に縁談が持ち上がり、彼の足はおきぬから遠ざかっていった[5]

その後きぬは元の芸者の生活に戻ることになった。戊辰戦争時、旧幕府時御鷹匠であり、その後金貸し業を生業としていた東京府士族・小林金平が、明治2年おきぬを気に入り身請けした。そして彼は浅草の歌舞伎三座付近の猿若町に妾宅を設けおきぬを住まわすことにした。小林はきぬを溺愛し、彼女の求めるものなら何でも与えた。

彼女は歌舞伎役者の璃鶴(「璃鶴」は三代目嵐璃珏俳名、後の二代目市川権十郎)との役者買い[6]にのめり込み、恋人との結婚を願い、障害となる旦那である小林金平を殺鼠剤で毒殺した。

逮捕、裁判にかけられたとき、彼女は妊娠しており、死刑判決を受けた後、出産まで刑の執行が延期され、小塚原刑場で処刑された。当時近代刑法が確立しておらず、断頭の後三日間梟首に処せられた[7]。執行に際し残した辞世の句「夜嵐の さめて跡なし 花の夢」から、きぬは「夜嵐おきぬ」と渾名で呼ばれるようになったと物語上はなっているが、実際のキヌは辞世を残してはいないという(『明治百話』上・p.32)。不義密通に対する罪で璃鶴は懲役3年だった。

なお、蜂巣敦大久保忠美がお絹を妾にしたが世継ぎが生まれたので捨てたところ、その放浪先で殺人事件を起こしたのだとこの事件の顛末を記述している[8]

原田キヌの墓は東京都墨田区東駒形3丁目21番地、赤門福巌寺にある。[9]

フィルモグラフィ[編集]

この事件は当時センセーションを巻き起こし「毒婦夜嵐おきぬ」事件として世に知られることになった。きぬの処刑後10年も経たぬうちに岡本起泉が『夜嵐阿衣花廼仇夢』(1878年 - 1880年)として小説化している。さらに後年、映画の主題となった。

関連事項[編集]

参考文献[編集]

底本 - 岡本勘造編、芳川俊雄閲『夜嵐阿衣花廼仇夢』、金松堂、1878年 - 1880年

[編集]

  1. ^ 小野秀雄コレクション再考”. 東京大学総合研究博物館. 2008年12月15日閲覧。
  2. ^ このほか、房州の下級武士の子説や、江戸生まれという説も存在する[1]
  3. ^ 浅草寺床見世(現在の浅草仲見世通り)の半襟店の従業員という説もあるアーカイブされたコピー”. 2006年6月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年10月26日閲覧。
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
  6. ^ 役者買いは当時有閑の女性において半ば黙認されていた遊興であった。
  7. ^ 東京日日新聞」. 明治5年2月22日(3号)
  8. ^ 夜嵐お絹”. 蜂巣敦のページ. 2007年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月15日閲覧。
  9. ^ 宮下[2014:191-192]

外部リンク[編集]