松下重綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松下 重綱
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正7年(1579年
死没 寛永4年10月2日1627年11月9日
諡号 州伝院長厳長洋大居士
墓所 福島県田村郡三春町字新町の州伝寺
官位 右兵衛尉
主君 豊臣秀吉豊臣秀次徳川家康
加藤嘉明
遠江久野藩主→常陸小張藩
下野烏山藩主→陸奥二本松藩
氏族 松下氏
父母 父:松下之綱、母:松下連昌の娘
兄弟 暁綱重綱方綱
正室:星覚院加藤嘉明の娘)
長綱、娘(佃和高室)

松下 重綱(まつした しげつな)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名遠江久野藩の第2代藩主、常陸小張藩主、下野烏山藩主。のちに陸奥二本松藩の初代藩主となる。

生涯[編集]

天正7年(1579年)、近江源氏西條氏庶流松下氏の当主で、かつて豊臣秀吉が少年だった頃、主君として仕えていた松下之綱の次男として生まれる。秀吉に仕え、のち豊臣秀次に属した。天正16年(1588年)、右兵衛尉に任官された。慶長3年(1598年)に父が死去したため、家督を継いで遠江久野藩1万6000石の領主となる。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与して本戦に参戦し、石田三成軍と戦うなど活躍したものの、慶長8年(1603年)、無断で城の石垣を築いた罪科により常陸小張(おばり)藩に移封させられた。しかし慶長19年(1614年)からの大坂の陣でも大いに活躍した。その功績により、元和2年(1616年)に2万800石に加増された。元和9年(1623年)、下野烏山藩へ移封された。小張には、重綱が考案した小張松下流綱火(国の重要無形民俗文化財)を遺す。

寛永4年(1627年)、舅にあたる加藤嘉明が会津40万石に加増移封されると、娘婿だった重綱も陸奥二本松藩5万石に加増移封され、嘉明の与力大名となった。同年10月2日に死去した。享年49。長男の長綱が跡を継いだ。