佐藤寛次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤寛次

佐藤 寛次(さとう かんじ、1879年1月26日 - 1967年5月31日)は、明治大正期の農学者東京農業大学第3代学長。専攻は農業経済学山形県出身。農学博士、農業教育者。

経歴[編集]

古海三次の三男として山形県米沢市に生まれる。

米沢中学入学の年、富農の佐藤文太郎に見込まれて養子となり、近代農業の可能性を感得して農学を志し、1904年東京帝国大学農科大学を首席で卒業した。

帝国大学大学院で農業経済学研究のかたわら、全国農事会(帝国農会の前身)で加納久宜幹事長のもとに会誌『中央農事報』の編集に当たり、プラット『英国農業組織論』やクロポトキン『田園・工場・仕事場』などを紹介した。 『中央農事報』は、1904年1月から「産業組合欄」を設け、1905年11月、大日本産業組合中央会が、『産業中央会報』を創刊するまで、産業組合運動の機関誌の役目をつとめた。

終戦を迎えるが、彼の本領は教育家であって、東京帝国大学教授となり、定年退職するまで、農学者・横井時敬を継いで東大農学部附属農業教員養成所主事となった(1938年農学部長在任時には長與又郎総長の辞任後、後任の平賀譲総長就任まで総長事務取扱を務めた)。東大退職後は横井の育て上げた東京農業大学学長兼理事長として農業教育の発展に尽くした。このほかに、大日本農会会長、帝国農会特別議員、日本農学会会長、農林中央金庫監事などをもつとめた。

また、『協同組合事典』の監修にも当たった。主著に『改訂信用組合論』『日本産業組合史』などがある。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2480号、「叙任及辞令」1935年04月12日。
先代:
吉川祐輝
東京農業大学学長
第3代: 1939年 - 1955年
次代:
千葉三郎