高木貞二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高木 貞二(たかぎ さだじ、1893年12月3日 - 1975年10月28日)は、日本の実験・動物心理学者、東京大学名誉教授。

来歴[編集]

大阪市生まれ。1918年東京帝国大学哲学科心理学専修卒業。19-21年アメリカのコーネル大学に留学。22年第三高等学校教授、33年東京帝大心理学助教授、43年教授。戦後東京大学文学部教授、47-50年文学部長、49-52年教育学部長、50-53年附属図書館長、52-54年教養学部長、54年定年退官、名誉教授、64年まで東京女子大学学長。1958年から日本学士院会員。1965年 日本心理学会名誉会員[1]キリスト教徒である。

ゲシュタルト心理学を導入し、科学的心理学の確立に貢献。「ヤマガラの知覚」に関する研究などがある。

実父は高木貞衛(元萬年社社長)。

著書[編集]

  • 『律的動作の研究』(心理学研究会、1921年)

編著[編集]

  • 『現代心理学の展開』(学生書房、1949年)
  • 『心理学における数量化の研究』(東京大学出版会、1955年)
  • 『心理学』(東京大学出版会、1957年)
  • 『心理学研究法』(岩波書店、1958年)
  • 『現代心理学の課題』(東京大学出版会、1971年)
  • 『現代心理学と数量化』(東京大学出版会、1972年)

論文[編集]

  • 「(批評紹介) ブレンタノーとヴント 経験心理学と実験心理学 (ティチナー)」 『哲学雑誌』 第37巻 425号(1922)
  • 「『感覚』概念の廃棄」 『思想』 第15号 (1926)
  • 「感覚の概念について」 『心理学研究』 第2巻 3輯 (1927)
  • 「知覚研究の基本問題-主に特性の対象論的研究」 『心理学及び芸術の研究 上巻』 改造社 (1930)
  • 「連想心理学と統覚心理学」 『岩波講座教育科学・第12冊』 岩波書店 (1932)
  • 「知覚の問題」 『岩波講座哲学・第8巻』 岩波書店 (1932)
  • 「山雀に於ける形の弁別並びに形の恒常に関する実験的研究」 『心理学研究』 第8巻 4輯 (1933)
  • 「山雀に於ける明るさ反応の移調に及ぼす背景の影響」 『心理学研究』 第10巻 5・6 合輯 (1935)
  • 「ヤマガラの明るさ選択反応に於ける方向性について」 『動物心理』 第2巻 4号 (1936)
  • 「山雀の明るさ選択反応に於ける相対的要因と絶対的要因」 『速水博士還暦記念・心理学哲学論文集』 岩波書店 (1937)
  • 「近接要因並びに類同の要因に関する実験的吟味」 『心理学研究』 第15巻 1輯 (1940)
  • 「位置及び方向の恒常に関する実験的研究」 『松本博士喜寿記念 心理学新研究』 岩波書店 (1943)
  • 「現代心理学の理論的基礎」 『現代心理学の展開』 学生書房 (1948)
  • 「ゲシタルト心理学」 横山松三郎ほか編 『現代心理学序説』 明治書院 (1949)
  • "Proximity and Similarity in Visual Perception", Proceeding and Papers of the 13th International Congress of Psychology at Stockholm, (1951)
  • 「ティチナー」 日本応用心理学会編 『心理学講座 1. 現代心理学』 中山書店 (1953)

脚注[編集]

  1. ^ 大泉溥 編 『日本心理学者事典』 クレス出版、2003年ISBN 4-87733-171-9

参考[編集]

  • 高木貞二前学長御退任関係記事 『東京女子大學論集』1965:[1]
  • 大泉溥 編 『日本心理学者事典』 クレス出版、2003年ISBN 4-87733-171-9
  • 「高木貞二氏追悼記」 『心理学研究』 第46巻 6号 1976 pp.361 - 364
  • 相良守次 「高木貞二先生の業績を顧みて」 『東京女子大学論叢』 1965