柳本直太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳本 直太郎
やなぎもと なおたろう
Yanagimoto Naotaro, former mayor of the City of Nagoya.jpg
生年月日 (1848-04-10) 1848年4月10日嘉永元年3月7日
出生地 越前国足羽郡福井(現・福井県福井市
没年月日 (1913-03-13) 1913年3月13日(64歳没)
称号 従五位勲六等

在任期間 1894年2月28日 - 1897年6月26日
テンプレートを表示

柳本 直太郎(やなぎもと なおたろう[1]1848年4月10日嘉永元年3月7日) - 1913年大正2年)3月13日)は明治時代日本官僚。旧越前福井藩士は直満、は久斎。

第一大学区第一番中学東京大学の前身の一つ)学長、東京外国語学校東京外国語大学の前身)校長、名古屋市長を歴任した。

来歴[編集]

嘉永元年(1848年)3月、越前福井藩士柳本久兵衛の子として福井に生まれる[1]。下級藩士ながら学問の才を認められて[1]文久元年(1861年)6月に英語の学習を命じられ[2]、翌年、幕府洋学研究教育機関・蕃書調所に入った[1]元治元年(1864年)10月、横浜での英語修業を命じられ[2]、慶応2年(1866年)2月には慶應義塾に入社[3]。さらに慶応3年(1867年)4月から翌年10月まで米国に留学し、帰国後は再び横浜に派遣された[2]

明治3年(1870年)3月、大学少助教となり、翌年7月に大学が廃され文部省が新設されると文部中助教に進んだ[4][5]。なお、明治3年7月には米国に留学する華頂宮博経親王の随行を命じられ、在職のまま再び渡米したが、母が病にかかり余命わずかとなったことを受けて明治5年(1872年)1月に帰国している[4][6]。帰国後は文部大助教、文部少教授、文部省七等出仕、文部省六等出仕を経て10月に少督学に就任。明治7年(1874年)4月に再び文部省六等出仕となったのち、同年9月に出仕を免じられた[7]。 この間、南校御用掛、教場監事、監事長を経て明治5年10月中に第一大学区第一番中学校長を務め[4][8]、少督学に転じてからは新設された第一大学区督学局の事務を担当。明治6年(1873年)6月、他の六大学区に督学局が置かれると第二大学区督学事務兼勤となり、各大学区督学局が一局に合併される翌年4月まで第一・第二大学区の学事を監督した[9]。明治7年4月、東京外国語学校副長兼開成学校副長に転じ、翌月には東京外国語学校長に就任している[10]

免出仕後は明治8年(1875年)2月から翌年まで鳥取変則中学校に勤務[11]。明治10年(1877年)1月、兵庫県御用掛となり、同県少書記官、大書記官に進んだのち、明治17年(1884年)1月に長崎県大書記官に転じた[4][12]。明治19年(1886年)7月、さらに愛知県書記官に転じ、明治26年(1893年)3月に非職となるまで在職[13]。その後、明治27年(1894年)2月から明治30年(1897年)6月まで名古屋市長を務めた[14]大正2年(1913年3月13日享年66で死去。墓所は名古屋市八事霊園[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『明治維新人名辞典』。
  2. ^ a b c 熊澤恵里子著 『幕末維新期における教育の近代化に関する研究 : 近代学校の生成過程』 風間書房、2007年6月、ISBN 9784759916362、282頁。
  3. ^ 『慶應義塾150年史資料集 1』。
  4. ^ a b c d 「公文録・明治十四年・第二百七十二巻」。
  5. ^ 倉沢剛著 『学制の研究』 講談社、1973年3月、262-263頁。
  6. ^ 柳本少助教帰朝之儀ニ付伺」(国立公文書館所蔵 「公文録・明治四年・第百三十八巻」)。「米国留学帰朝御届」(国立公文書館所蔵 「公文録・明治五年・第四十六巻」)。
  7. ^ 『官員全書 文部省』1872年6月改『太政官日誌』明治5年第56号同誌明治5年第69号同誌明治5年第80号同誌明治5年第88号同誌明治7年第54号同誌明治7年第139号
  8. ^ 東京大学百年史編集委員会編 『東京大学百年史 通史一』 東京大学、1984年3月、ISBN 4130010514、270頁。
  9. ^ 前掲倉沢、580-585頁。国立教育研究所編 『日本近代教育百年史 第一巻 教育政策1』 教育研究振興会、1974年8月、744-746頁。
  10. ^ 野中正孝編著 『東京外国語学校史』 不二出版、2008年11月、ISBN 9784835057675、15-17頁。
  11. ^ 鳥取市編 『新修鳥取市史 第五巻』 鳥取市、2008年3月、82-85頁。
  12. ^ 東京日日新聞』第2743号、1881年2月2日、1面。『官報』第106号、1883年11月2日、5頁『官報』第163号、1884年1月17日、1頁
  13. ^ 『官報』第927号、1886年8月3日、14頁『官報』第2915号、1893年3月22日、246頁
  14. ^ 『名古屋市会史 第一巻』 名古屋市会事務局、1939年10月、384頁『名古屋市会史 第二巻』 名古屋市会事務局、1940年10月、254-256頁
  15. ^ 『太政官日誌』明治6年第22号、4頁。
  16. ^ 『太政官日誌』明治7年第139号、5頁
  17. ^ 『東京日日新聞』第2788号、1881年3月29日、1面。
  18. ^ 『官報』第210号、1884年3月14日、4頁
  19. ^ 『官報』第2254号、1891年1月7日、34頁
  20. ^ 『官報』第2550号、1891年12月28日、355頁
  21. ^ 『官報』第3009号、1893年7月11日、107頁

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 「柳本直太郎」(歴代知事編纂会編 『日本の歴代市長 第二巻』 歴代知事編纂会、1984年11月)
  • 「柳本直太郎」(丸山信編 『福沢諭吉門下』 日外アソシエーツ〈人物書誌大系〉、1995年3月、ISBN 4816912843
  • 佐藤秀一 「柳本直太郎」(富田仁編 『新訂増補 海を越えた日本人名事典』 日外アソシエーツ、2005年7月、ISBN 4816919333
  • 犬塚孝明石黒敬章著 『明治の若き群像 : 森有礼旧蔵アルバム』 平凡社、2006年5月、ISBN 4582833306

外部リンク[編集]

公職
先代:
辻新次
日本の旗 第一大学区第一番中学
1872年
次代:
第一大学区第一番中学副長
伴正順