日高第四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日高 第四郎(ひだか だいしろう、1896年2月16日[1] - 1977年12月14日[1])は、日本の教育学者、文教官僚。

生涯[編集]

日高秩父・リキ夫妻の四男として東京府(現・東京都)に生まれる[2][3][4][5][6]。1922年京都帝国大学文学部哲学科卒[1]広島高等学校教授[1]第三高等学校教授[1][7]第一高等学校教授[1][7]、1946年文部省学校教育局長となり[1][7]、戦後の学制改革に参加[1][7]。のち国立教育研究所[1][7]、1951年文部事務次官。1952年国際基督教大学教授[1]。1966年定年退職[1]学習院女子短期大学学長兼学習院副学長を務め1970年退職[1]。日本ユネスコ国内委員[1]民主教育協会副会長[1]教育課程審議会会長などを務めた[1]

家族・親族[編集]

父・秩父は書家[6]、母・リキは呉黄石・せき夫妻の娘[6]。母方の祖母・せきは箕作阮甫の長女なので[6]、第四郎は阮甫の曾孫にあたる[6]統計学者呉文聰は母方の伯父[6]精神医学者呉秀三は母方の叔父[6]医学者呉建経済学者呉文炳は母方の従兄(ともに文聰の子)[6]西洋古典学者呉茂一は母方の従弟(秀三の長男)[6]、文部官僚で教育評論家の木田宏は女婿[8]

著書[編集]

  • 『教育改革への道』洋々社 1954
  • 『戦後の教育改革の実態と問題』民主教育協会 IDE教育選書 1956
  • 『日本の教育のあゆみ・ねらい・よりどころ』民主教育協会 IDE教育選書 1957
  • 『大学入学に関する国際的研究』編 民主教育協会 IDE教育資料 1963

論文[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 20世紀日本人名事典
  2. ^ 『人事興信録 第2版』、甲1341頁。
  3. ^ 『人事興信録 第3版 く之部―す之部』、ひ7頁。
  4. ^ 『人事興信録 第4版』、ひ2頁。
  5. ^ 『人事興信録 第5版』、ひ2頁。
  6. ^ a b c d e f g h i 「学問の歩きオロジー わが故郷の偉人たち (3) - 現代につながる巨星たちの系譜」、102頁。
  7. ^ a b c d e 日本人名大辞典
  8. ^ 読売新聞1977年12月15日朝刊、19面。

参考文献[編集]

  • 『人事興信録 第2版』人事興信所、1908年6月18日発行
  • 『人事興信録 第3版 く之部―す之部』人事興信所、1911年3月25日発行
  • 『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年1月10日発行
  • 『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年9月15日発行
  • 水谷仁「学問の歩きオロジー わが故郷の偉人たち (3) - 現代につながる巨星たちの系譜」『Newton2007年4月号、ニュートンプレス、98-103頁。