杉浦重剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉浦 重剛
Jugou sugiura.jpg
誕生 (1855-04-19) 1855年4月19日安政2年3月3日
近江国滋賀郡膳所別保(現・滋賀県大津市杉浦町)
別名 梅窓、天台道士(
死没 (1924-02-13) 1924年2月13日(満68歳没)
東京府豊多摩郡淀橋町角筈(現・東京都新宿区
墓地 伝通院東京都文京区
職業 官僚教育者
国籍 日本の旗 日本
代表作 『倫理御進講草案』(1936年)
テンプレートを表示
日本の旗 日本の政治家
杉浦 重剛
所属政党 大成会

選挙区 滋賀県第1区
当選回数 1回
在任期間 1890年7月1日 - 1891年3月6日

在任期間 1889年11月 - 1895年12月21日
テンプレートを表示

杉浦 重剛(すぎうら じゅうごう、安政2年3月3日1855年4月19日)- 大正13年(1924年2月13日)は、明治・大正時代の国粋主義教育者思想家。幼名は謙次郎。父は膳所藩の儒者杉浦重文。近江国膳所藩(現・滋賀県大津市)出身。

若き日の昭和天皇秩父宮雍仁親王高松宮宣仁親王の3兄弟に帝王学の一環として倫理を進講する。号は梅窓または天台道士。学生時の渾名は紙魚(しみ)。後に『人格高邁の国士』と評される。理学宗の世界観を確立。

経歴[編集]

近江国膳所藩の儒者で父杉浦重文(蕉亭)と母八重の次男として生まれる。3歳のとき、護送される頼三樹三郎を目撃する。数え年6歳で藩校遵義堂に入学を許され、高橋正功(坦堂、作也)黒田麹廬岩垣月洲に漢学洋学を学ぶ。“予の精神は之を坦堂先生に受け、学問は之を麹盧先生に受け、識見は之を月洲先生に受けた”と後に懐述するように、この三人より受けた教育的感化は彼の一生を支える程強かった。15歳で句読方に任ぜられる。

15歳のおり藩より貢進生に選ばれ東京に下り、大学南校に学ぶ。在学中は猛勉強の結果、明治6年(1873年)10月、明治天皇への御前講演に選ばれ理化学の実験を行う。明治9年(1876年)、第2回文部省派遣留学生に選抜されて渡欧。化学を専攻。当初は農業を修めるつもりでサイレンシスター農学校に入るが、英国の農業は牧畜が中心で、穀物は麦で、勉強をしても帰国後役には立たないと気付き放棄した。化学に転向し、マンチェスター・オーエンスカレッジに移り、ロスコー、ショーレマン両教授の指導下で研究に従事。更にロンドンのサウスケンジントン化学校、ロンドン大学等で学ぶうちに神経衰弱にかかり、明治13年(1880年)5月に帰国。

27歳で文部省東京大学に勤める。その間、東大予備門(のちの一高)校長にあり、また大学予備門など旧制高校進学のために英語でもって教授する予備校であった東京英語学校(のちすぐに日本中学に改称)創立の中心の一人となる。

のちに、読売朝日新聞社説を担当となり、三宅雪嶺志賀重昂らと政教社発行の「日本人」(のちに「日本及日本人」)や新聞「日本」の刊行に力を尽くす。それらによって国粋主義を主張し、当時の社会に影響を波及させる。明治22年(1889年)には日本倶楽部をつくり、大隈重信不平等条約改正案に反対する。小石川区議員を経て、翌年明治23年(1890年第1回衆議院議員総選挙大成会から出馬し当選。しかし翌年に辞職した。

その後は子弟の養成と共に東京文学院を設立し、以後も國學院学監や東亜同文書院院長、東宮御学問所御用掛などを歴任。官学崇拝も強く、当時の官公立中等教育のメッカである府立一中にも足を運び、「本校は帝都の第一中学であるのみならず、帝国の第一中学である」など講演にても国家の権威を高めることに尽力していた[2]

迪宮裕仁親王摂政宮、のちの昭和天皇)の御進講役も務め、さらに宮中某重大事件にては久邇宮家と結んで、山縣有朋に対抗した。大正13年(1924年)、腎臓炎のため死去[3]。墓所は東京文京区伝通院。

門下[編集]

文士三羽烏

その他

栄典[編集]

著作[編集]

  • 天台道士教育論纂』 渡辺元吉、草川清編纂、敬業社、1890年5月
  • 天台道士著作集』 日本中学校校友会編、博文館、1915年4月
  • 天台道士語録』 猪狩史山、中野亨共著、政教社、1925年3月
  • 『天台道士詩歌集』 世界文庫刊行会〈世界文庫〉、1925年2月(上・下)
  • 『杉浦重剛座談録』 猪狩史山、中野刀水共編、岩波書店岩波文庫〉、1941年8月、ISBN 4003312317
  • 『杉浦重剛先生全集』 大日本教育会滋賀県支部編、研究社、1945年3月 - 第一のみ
  • 『鬼哭子 他』 朝日新聞社〈朝日文庫〉、1950年
  • 「杉浦重剛篇」(松本三之介編 『明治文学全集 37 政教社文学集』 筑摩書房、1980年5月、ISBN 4480103376
  • 『杉浦重剛先生遺墨集』 杉浦重剛先生顕彰会、1981年10月
  • 『杉浦重剛全集』 明治教育史研究会編、杉浦重剛全集刊行会、1982年1月-1983年2月(6冊)
    • 「『杉浦重剛全集』補遺」(『日本学園高等学校 研究紀要』第3集、1986年5月 / 第4集、1988年4月)
著書
  • 鬼哭子』 沢屋蘇吉、1884年5月
  • 国史初歩』 井上蘇吉ほか、1885年8月
  • 樊噲夢物語 : 一名新平民回天談福本誠筆記、井上蘇吉、1886年10月
  • 日本教育原論』 原亮三郎、1887年2月
  • 哲学こなし』 哲学書院、1887年5月
  • 日本通鑑』 辰巳小二郎ほか合著、哲学書院、1887年8月-1890年7月(7冊)
  • 外交私見』 浅岡雄之助筆記、遠山英一、1889年8月
  • 倫理書』 敬業社、1891年12月
    • 倫理書』 猪狩史山註解、政教社、1927年2月
  • 教旨弁惑 : 一名所謂衝突に就て』 宮崎繁吉筆記、敬業社、1893年8月
  • 諸葛亮』 猪狩又蔵共著、博文館〈偉人伝叢書〉、1913年10月
  • 知己八賢』 猪狩又蔵編、博育堂、1914年4月
  • 吉田寅次郎』 世木鹿吉共著、博文館〈偉人伝叢書〉、1915年6月
  • 日本の精神』 広文堂書店、1916年6月
  • 亡友追遠録』 猪狩又蔵編、明治図書、1921年5月
  • 『倫理御進講草案』 猪狩又蔵編纂、杉浦重剛先生倫理御進講草案刊行会、1936年4月
    • 『倫理御進講草案』 猪狩又蔵編纂、杉浦重剛先生倫理御進講草案刊行会、1937年11月-1938年1月(4冊)
    • 『倫理御進講草案抄』 猪狩又蔵編纂、杉浦重剛先生倫理御進講草案刊行会、1938年4月
    • 『選集 倫理御進講草案』 第一書房、1938年10月
    • 『倫理御進講草案』 心交会〈やまと文庫〉、1984年7月-9月(3冊)
    • 日本大学精神文化研究所編輯 『教育勅語関係資料 第14集』 日本大学精神文化研究所、1990年2月 - 抄録
  • 『教育勅語 : 昭和天皇の教科書』 勉誠出版、2000年10月、ISBN 458501053X
    • 『教育勅語 : 昭和天皇の教科書』 勉誠出版〈べんせいライブラリー〉、2002年10月、ISBN 4585103651
    • 『昭和天皇の学ばれた教育勅語』 勉誠出版、2006年3月、ISBN 4585053603
    • 『昭和天皇の学ばれた教育勅語』 勉誠出版、2009年8月増訂版、ISBN 9784585053606
訳書
  • 教育原論沿革史ブラウィング著、金港堂、1887年6月
    • 『教育史善本叢書 西洋教育史 4』 雄松堂出版、1988年1月
  • 教育全史』 ペインター著、普及舎、1887年3月-1888年3月(6冊)
    • 『教育全史』 ペインター著、普及舎、1892年11月(2冊)
    • 『教育史善本叢書 西洋教育史 3』 雄松堂出版、1988年1月
  • 羅斯珂氏化学』 宮崎道正合訳、三浦源助ほか、1888年4月-1889年1月(2冊)
編書

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 大町桂月、猪狩史山共著 『杉浦重剛先生』 政教社、1924年6月
    • 大町桂月、猪狩史山共著 『杉浦重剛先生』 杉浦重剛先生顕彰会、1986年5月、ISBN 4784204334
  • 橘文七著 『国士杉浦重剛』 昭和教育社、1929年2月
    • 橘文七著 『帝王之師杉浦重剛先生』 三幸堂書店、1935年
  • 西村久吉著 『杉浦重剛先生の日本精神とその教育』 江州公論社、1936年10月
  • 日本中学校五十年史』 日本中学校、1837年12月
  • 海後宗臣著 『日本教育家文庫 第44巻 西村茂樹 杉浦重剛』 北海出版社、1937年1月
    • 海後宗臣著 『日本教育家文庫 第3巻 西村茂樹 杉浦重剛』 啓文社、1938年10月
    • 海後宗臣著 『海後宗臣著作集 第3巻 教育思想研究』 東京書籍、1981年5月
  • 中野亨著 『杉浦重剛先生と詩吟』 大日社、1938年
  • 仏性誠太郎著 『杉浦重剛先生』 滋賀県教育会、1938年6月
    • 仏性誠太郎著 『杉浦重剛先生』 立命館出版部、1942年
  • 猪狩史山著 『杉浦重剛』 新潮社〈新伝記叢書〉、1941年8月
  • 藤本尚則著 『国師杉浦重剛先生』 敬愛会、1954年10月
    • 藤本尚則著 『国師杉浦重剛先生』 石川哲三、1988年7月
  • 今堀文一郎著 『杉浦重剛 : 帝王学の権威』 愛隆堂、1959年4月
  • 石川哲三編著 『国宝杉浦重剛 : 解説座談録』 杉浦重剛先生顕彰会、1978年2月
  • 石川哲三編著 『杉浦重剛の生涯』 杉浦重剛先生顕彰会、1984年2月
    • 石川哲三編著 『新修杉浦重剛の生涯』 大津梅窓会、1987年8月
  • 回想杉浦重剛編集委員会編 『回想杉浦重剛 : その生涯と業績』 杉浦重剛先生顕彰会、1984年2月
  • 大竹秀一著 『天皇の学校 : 昭和の帝王学と高輪御学問所』 文藝春秋、1986年4月、ISBN 4163404406
  • 渡辺一雄著 『明治の教育者 杉浦重剛の生涯』 毎日新聞社、2003年1月、ISBN 4620316113

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
服部一三
日本の旗 東京大学予備門長
1882年 - 1885年
次代:
門長事務取扱
小林小太郎
その他の役職
先代:
東京英語学校長
増島六一郎
日本中学校
1892年 - 1924年
東京英語学校長
1890年 - 1892年
次代:
杉浦真鉄
先代:
國學院学監補
落合直文
私立國學院大學学監
1906年 - 1918年
國學院学監
1897年 - 1906年
次代:
(学監廃止)
先代:
根津一
東亜同文書院長
1902年 - 1903年
次代:
根津一