務台理作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
務台理作

務台 理作(むたい りさく、1890年8月8日 - 1974年7月5日)は、日本の哲学者

台北帝国大学教授東京文理科大学(後の東京教育大学)教授、同大学長。学長と桐朋学園理事長・校長を兼務、その後慶應義塾大学教授、東京教育大学名誉教授などを歴任した。

来歴[編集]

京都帝国大学在学中に西田幾多郎に師事し、留学中にはフッサールからも哲学を学んだ。西田門下ではあるが、京都学派とも西田左派とも一線を画し、独自のヒューマニズム哲学を展開する。

1921年大正10年)、西田の『善の研究』再版時に字句の訂正や校正を行ったのも彼である。松井証券松井道夫(旧姓務台道夫)は遠縁。

1935年 京都大学 文学博士 論文は「ヘーゲル精神現象学ト客観的精神ノ研究」[1]

略歴[編集]

関連項目[編集]

著作[編集]

  • 『ヘーゲル研究』弘文堂書房 1935 
  • フィヒテ』岩波書店 1938 大教育家文庫
  • 『社会存在論』弘文堂書房 1939 教養文庫
  • 『現象学研究』弘文堂 1940 のちこぶし書房  
  • 『表現と論理』弘文堂書房 1940 
  • 『場所の論理学』弘文堂 1944 新哲叢書 のちこぶし書房
  • 『文化と宗教』弘文堂 1948
  • 『西田哲学』弘文堂 1949 アテネ文庫
  • 『第三ヒウマニズムと平和』培風館 1951
  • 『現代倫理思想の研究』未来社 1954
  • 『科学・倫理・宗教 人類の幸福のために』培風館 1955 黎明叢書
  • 『哲学概論』岩波書店 1958
  • 『人間と倫理』大明堂 1960
  • 『現代のヒューマニズム』1961 岩波新書
  • 『幸福の探求 現代をどう生きるか』1964 講談社現代新書
  • 『思索と観察』勁草書房 1968
  • 『哲学十話』1976 講談社学術文庫
  • 『務台理作と信州』南安曇教育会 1991
  • 『赤つち道 務台理作のうたと随筆』三郷村教育委員会 1996
  • 務台理作著作集』全9巻 沢田允茂,永井博,上田薫[要曖昧さ回避]監修 古田光ほか編 こぶし書房
第1巻 現象学研究、2000 
第2巻 ヘーゲル研究 2001 
第3巻 表現的世界の論理 2001
第4巻 社会存在論 2001
第5巻 西田哲学論 2001
第6巻 社会と実存 2002
第7巻 倫理と教育 2002
第8巻 全体的人間の哲学 2002
第9巻 人間と自然 2002

共編著[編集]

  • 『宗教に就いて』鈴木大拙,柳田謙十郎共著 大東出版社 1936 
  • 『世界哲学史』第1巻 津田左右吉,宇井伯寿,新思想談話会共編 コギト社、1948
  • 『現代哲学の基礎問題 務台理作博士記念論文集』坂崎侃編 弘文堂 1951
  • 『現代の倫理』毎日新聞社 1954 毎日ライブラリー
  • 『セーレンキルケゴール その人と思想』理想社 1956
  • 『近代社会思想史論 思想における近代化と革命』山崎正一共編 青木書店 1959
  • 『実存の思想 その成立と発展』弘文堂 1960 アテネ新書
  • 『岩波講座哲学』第1 古在由重共編 岩波書店 1967

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース