永井博 (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永井 博(ながい ひろし、1921年1月1日 - 2012年11月7日)は、日本の哲学者筑波大学名誉教授日本学士院会員。

愛知県出身。東京文理科大学卒業。1959年「数理の存在論的基礎」で東京教育大学文学博士。東京教育大学助教授、筑波大学教授、1984年定年退官、名誉教授、東海大学教授。1963年の『現代自然哲学の研究』で田辺元賞受賞。1996年日本学士院会員。科学史・科学哲学専攻。

著書[編集]

  • ライプニッツ研究 科学哲学的考察』筑摩書房 1954年
  • 『近代科学哲学の形成』創文社 1955年
  • 『ライプニッツ』勁草書房(思想学説全書) 1958年
  • 『数理の存在論的基礎』創文社 1961年
  • 『現代自然哲学の研究』創文社 1963年
  • 『科学概論 科学の哲学』創文社 1966年
  • 『生命論の哲学的基礎』岩波書店 1973年
  • 『人間と世界の形而上学 哲学原理の探究』創文社 1985年

参考[編集]