宇井伯寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇井 伯寿(うい はくじゅ、旧字体:伯壽1882年明治15年)6月1日 - 1963年(昭和38年)7月14日)は、日本曹洞宗僧侶インド哲学研究者、仏教学者文学博士日本学士院会員。本名は茂七(しげしち)。

来歴[編集]

愛知県宝飯郡御津町の生まれ。12歳で同郡の曹洞宗の東漸寺出家。名古屋曹洞宗専門支校(現・愛知中学校・高等学校)、 旧制京北中学校を経て東京帝国大学印度哲学科に入学し、木村泰賢と共に高楠順次郎に師事する。

卒業後、曹洞宗第一中学林(現・世田谷学園中学校・高等学校)、曹洞宗大学(現・駒澤大学)で講師を務めつつ、1913年(大正2年)からドイツテュービンゲン大学イギリスオックスフォード大学に留学。帰国後に教授となり、東京帝国大学や東北帝国大学でも教鞭を執って数多くの後進を育成した。1921年(大正10年)に東京帝大より文学博士号を授与される。

1941年(昭和16年)に曹洞宗本庁によって駒澤大学学長に任命される。1945年(昭和20年)には帝国学士院会員に選出された。以後も客員講師として慶應義塾大学早稲田大学学習院大学名古屋大学などでも教鞭を執った。

弟子に中村元がおり、座談会での回想がある[1]。また五男で薬理学者宇井理生は親族としての回想を行っている。

受賞歴[編集]

著作[編集]

  • 『宇井伯壽監修 仏教辞典』 大東出版社、1937年
  • 『宇井伯壽著作選集』 大東出版社、1966年
  • 『印度哲学研究』1–6 甲子社、1924年–、のち岩波書店、1965年
  • 『印度哲学史』 岩波書店、1932年
  • 『禅宗史研究』1-3 岩波書店、1939年–
  • 『仏教思想研究』 岩波書店、1943年
  • 『仏教思想の基礎』 岩波書店、1944年
  • 『仏教哲学の根本問題』 大東出版社、1947年
  • 『仏教汎論,上下』 岩波書店、1947年
  • 唯識二十論研究』 岩波書店、1953年
  • 釈道安研究』 岩波書店、1956年
  • 陳那著作の研究』 岩波書店、1958年

補注[編集]

  1. ^ 東方学回想 Ⅳ 先学を語る〈3〉』(刀水書房、2000年)に収録

外部リンク[編集]

宇井伯寿の論文[編集]

宇井理生による回想[編集]