古在由重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古在由重
生誕 1901年5月17日
死没 (1990-03-06) 1990年3月6日(88歳没)
地域 日本哲学者
学派 マルクス主義哲学
テンプレートを表示

古在 由重(こざい よししげ、1901年5月17日 - 1990年3月6日)は、日本哲学者。元名古屋大学教授。

経歴[編集]

農芸化学者・古在由直と、作家・清水紫琴の次男として東京府(現・東京都)に生まれる。兄・由正は東洋史学者・幣原坦の次女・澄江と結婚している。農芸化学者古在豊樹は由重の息子であり、天文学者古在由秀は由重の甥(由正・澄江夫妻の長男)にあたる。

東京帝国大学卒。1932年戸坂潤らと唯物論研究会を設立し、1933年および1938年の二度、治安維持法違反で検挙される。出獄後は上智大学でカトリック文献の翻訳や、四王天延孝の回教協会に勤務して、戦時下を過ごした。

戦後は民主主義科学者協会哲学部門の中心メンバーとなり原水爆禁止運動や平和運動にも参加したが、1984年原水協の分裂にともない、共産党を批判するグループの吉田嘉清事務局長らを支援したとして、共産党から除籍処分を受けた。

1959年から1965年にかけて名古屋大学教授を務めた。『古在由重著作集』全6巻を出版するほか、結婚後に執筆を禁じられた母・紫琴の全集を編纂した。

死去に際して、共産党が反党分子として古在を除名した経緯から、日本共産党機関紙「赤旗」は報道を行わなかった。

古在が主宰した「古在ゼミ」と呼ばれる哲学研究会を主宰し、多くの平和運動につながっていった。

著書[編集]

  • 古代哲学史 三笠書房, 1936(唯物論全書)
  • 現代哲学 三笠書房, 1937(唯物論全書)
  • 唯物論史序説 伊藤書店, 1947
  • 五つの省察 日本評論社, 1948
  • 史的唯物論 ナウカ社, 1949
  • 思想とはなにか 岩波新書, 1960
  • 古在由重著作集 全6巻 勁草書房, 1965-67
  • 人間讃歌 岩波書店, 1974
  • 自由の精神 新日本出版社, 1974(新日本新書)
  • 思想のデュエット 古在由重対話集 新日本出版社, 1975
  • スポーツとヒューマニズム 古在由重論談集 新日本体育連盟, 1976
  • 思いだすこと忘れえぬひと 右遠俊郎対談 同時代社, 1981
  • 教室から消えた先生 新日本出版社, 1982
  • 草の根はどよめく 築地書館, 1982
  • 戦時下の唯物論者たち 青木書店, 1982
  • 愛と自立 紫琴・らいてう・百合子を語る 小林登美枝 大月書店, 1983
  • 和魂論ノート 岩波書店, 1984
  • 哲学者の語り口 勁草書房, 1992
  • 暗き時代の抵抗者たち 丸山眞男対談 同時代社, 2001 「一哲学徒の苦難の道」として岩波現代文庫
  • 古在由重の哲学 こぶし書房, 2006

編著・共著[編集]

  • 唯物弁証法入門 「スターリン弁証法的唯物論と史的唯物論」研究 伊藤書店, 1948
  • 弁証法の課題 ナウカ社, 1949
  • リアリズム研究 蔵原惟人共編 白揚社, 1949
  • 哲学の現代史 文化評論社, 1949
  • 哲学用語辞典 出隆共編 青木文庫, 1951
  • 現代思想十二講 ナウカ社, 1951
  • 哲学講座 全5巻 編 青木文庫, 1952
  • 哲学研究入門 山崎正一,暉峻凌三共編 東京大学出版会, 1958
  • 岩波小辞典哲学 粟田賢三共編 岩波書店, 1958
  • 知識人と現代 研究者の記録 青木書店, 1977

翻訳[編集]

脚注[編集]