右遠俊郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

右遠 俊郎(うどお としお、1926年9月1日 - 2013年10月11日)は、日本の作家・文芸評論家。

岡山県生まれ。少年期を大連で過ごし、旅順高等学校に進む。戦後、東京大学国文科卒。『新日本文学』などに小説、評論を発表。1959年「無傷の論理」で芥川賞候補(この時は該当者なしだった)。その後日本民主主義文学会(当時の名称は文学同盟)に加入する。1989年『小説朝日茂』で多喜二・百合子賞受賞。

2013年10月11日に肺炎のため死去[1]。87歳没。

著書[編集]

  • 無傷の論理 東邦出版社 1969
  • 病犬と月 東邦出版社 1970
  • 野にさけぶ秋 東邦出版社 1972
  • さえてるやつら 新日本出版社 1972 のち映画化
  • 不逞の春 東邦出版社 1974
  • わが笛よ悲しみを吹け 東邦出版社 1975
  • 恋愛入門 東邦出版社 1975
  • 文学・真実・人間 光和堂 1977.5
  • 長い髪の少年たち 東邦出版社 1977.9
  • 青春論ノート 青木書店 1979.10
  • 冬の大いなる虹 新日本出版社 1980.4
  • 読書論ノート 青木書店 1980.11
  • 思いだすこと忘れえぬひと 対話/古在由重 同時代社 1981.8
  • 安中騒動記 光和堂 1981.9
  • 碁の心人の心 大月書店 1983.8
  • こどもの目おとなの目 児童文学を読む 青木書店 1984.5
  • 赤いシクラメン 新日本出版社 1986.5
  • 小説朝日茂 新日本出版社 1988.12
  • 忘れ得ぬ人 新日本出版社 1990.1
  • 風青き思惟の峠に 新日本出版社 1991.2
  • 冬の日はほのか 新日本出版社 1994.2
  • 海を渡った蝶 新日本出版社 1997.4
  • 右遠俊郎短篇小説全集 本の泉社 1999.1
  • 明治の碁 本因坊秀栄の生涯 本の泉社 2002.11
  • 桜橋 本の泉社 2003.1
  • アカシアの街に 新日本出版社 2005.5
  • 国木田独歩の短篇と生涯 私家版 2007.7
  • 小林多喜二私論 本の泉社 2008.2
  • 詩人からの手紙 本の泉社 2009.6

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 作家・右遠俊郎さん死去 有名人の葬儀 2013年10月17日