太田哲男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 哲男(おおた てつお、1949年 - )は、日本の倫理学者、思想史学者、桜美林大学名誉教授。

静岡県生まれ。1975年東京教育大学大学院文学研究科倫理学専攻博士課程中退。90年富山国際大学講師、助教授、教授、2002年桜美林大学国際学部教授、07年リベラルアーツ学部教授。2019年名誉教授[1]。2007年「高杉一郎改造社時代」で桜美林大学学術博士

著書[編集]

  • 『大正デモクラシーの思想水脈』同時代社 1987
  • 『マイナーなシネマが面白い 映画によって世界を見る』同時代社 1988
  • 『麻酔にかけられた時代 1930年代の思想史的研究』同時代社 1995
  • レイチェル=カーソン清水書院 Century books 人と思想 1997、新版2016
  • ハンナ=アーレント』清水書院 Century books 人と思想 2001、新版2016
  • 『若き高杉一郎 改造社の時代』未來社 2008
  • 清水安三と中国』花伝社 2011
  • 『「断念」の系譜 近代日本文学への一視角』影書房 2014
  • 吉野作造』清水書院 Century books 人と思想 2018

編纂[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [1]

参考[編集]