四王天延孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四王天 延孝
Shioden Nobutaka.jpg
生誕 1879年9月2日
日本の旗 日本 埼玉県[1]
死没 1962年8月8日
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1899 - 1929
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 陸軍中将
除隊後 衆議院議員
テンプレートを表示
四王天延孝

四王天 延孝(しおうてん[2] のぶたか、1879年明治12年〉9月2日[2][3] - 1962年昭和37年〉8月8日[2][3])は、日本陸軍軍人政治家ユダヤ陰謀論を唱え『シオン賢者の議定書』の邦訳などを行なった。最終階級は陸軍中将衆議院議員。旧姓・西村。

経歴[編集]

前橋藩士・西村茂兵衛の弟として生まれ[2]川越藩[要出典]・四王天政彬の養嗣子となる[2]1899年(明治32年)11月、陸軍士官学校(11期)を卒業し[3]、翌年6月、工兵少尉に任官し近衛工兵大隊付となる[2][4]

清国駐屯工兵中隊付などを経て日露戦争に出征[2]。近衛工兵大隊中隊長、大本営運輸通信長官部副官、陸士教官、近衛工兵大隊付などを歴任し、1909年(明治42年)12月、陸軍大学校(21期)を卒業した[2][3][4]

関東都督府陸軍参謀、工兵第7大隊付、陸軍砲工学校教官、フランス軍従軍などを経て、1920年(大正9年)1月、シベリア出兵に際し浦塩派遣軍司令部付として出征し、さらに関東軍司令部付となりハルピン特務機関長を務めた[2][3][4]

1922年(大正11年)4月、陸軍航空学校教官となり、以後、同下志津分校長、陸軍省軍務局航空課長などの航空畑の役職を歴任し、1924年(大正13年)8月、陸軍少将に進級した[2][4]

陸軍兵器本廠付、国際連盟陸軍代表、兼同空軍代表、豊予要塞司令官第16師団第3師団の各司令部付などを経て、1929年(昭和4年)8月、陸軍中将に昇進し予備役に編入された[2][3][4]

以後、帝国飛行協会専務理事、大日本回教協会会長などを歴任した[2]1942年(昭和17年)の翼賛選挙では東京5区から推薦候補として出馬し、児玉誉士夫などを破って全国最高点[要出典]で当選[5]

1944年(昭和19年)1月、第84回帝国議会で陸士同期の東條内閣内務大臣安藤紀三郎に対してユダヤ人に関しての質問を行ったところ、安藤大臣から「日本国は太古から人種差別国家であってユダヤ人差別にも反対しない」との答弁を引き出している[6]

終戦後、1945年(昭和20年)12月、A級戦犯容疑で逮捕され[2]、同年12月6日に衆議院議員を辞職し[7]1947年(昭和22年)に釈放された[2]。この間に公職追放となった[8]

他に国本社理事[要出典]、日本反ユダヤ協会会長[2]なども務め、皇戦会員[要出典]でもあった。

1962年(昭和37年)8月8日午前3時頃、東京都日本赤十字社中央病院にて老衰により死去した[要出典]

栄典[編集]

著・訳書[編集]

単著[編集]

訳書[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京・赤羽生まれの説もある--四王天 延孝 シオウテン ノブタカ 20世紀日本人名事典
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『日本陸海軍総合事典』第2版、76頁。
  3. ^ a b c d e f 『日本陸軍将官辞典』366頁。
  4. ^ a b c d e 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』156-157頁。
  5. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』300頁。
  6. ^ 兵頭二十八 『近代未満の軍人たち』 潮書房光人社 2009年、159頁。
  7. ^ 『官報』第5675号、昭和20年12月11日。
  8. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日1面。
  9. ^ 『官報』第842号「叙任及辞令」1929年10月19日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 丸山直起「1930年代における日本の反ユダヤ主義」『国際大学中東研究所紀要』第3巻、国際大学、1988年4月、 411-438頁。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]