古在豊樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古在 豊樹(こざい とよき、1943年(昭和18年)9月25日 - )は、日本の生物環境学者農学博士千葉大学名誉教授。第12代千葉大学学長[1]。祖父古在由直も豊樹と同様、農芸化学者で東京大学学長を務めた。父親は元名古屋大学教授のマルクス哲学古在由重である。

千葉大学学長時の平成18年度文部科学省大学評価委員会による実績評価では、「年度計画の16項目すべてにおいて、中期目標・中期計画を『上回って実施している』あるいは『十分に実施している』」と評価を受けた[2]。 また、平成19年度には学生・教職員に向けて「底力宣言!千葉大学」の決意表明を行った[3]

経歴[編集]

[1]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「特定非営利活動法人植物工場研究会 古在豊樹 経歴」より
  2. ^ 独立行政法人国立大学財務経営センター「千葉大学の改革・改善、その実績と目指すもの」
  3. ^ 千葉大学公式HP「底力宣言!千葉大学」
  4. ^ 「古在豊樹教授紫綬褒章賞受賞

外部リンク[編集]