吉武栄之進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
吉武栄之進

吉武 栄之進(よしたけ えいのしん、元治元年6月19日1864年7月22日) - 昭和2年(1927年1月3日)は日本の応用化学者

信濃国松本城下(現長野県松本市)に松本藩士の子として生まれる。開智学校を経て東京帝国大学予備門に入り、1884年同大卒業後、東京府立第一中学教諭、東京師範学校教諭を経て、第二高等学校教授、東京高等工業学校教授に就任。1932年、文部省から毛染及び毛織物捺染法、仕上法の研究を命じられ、イギリスドイツに3年間留学。帰国後、再び前職を務める傍ら、文部省視学官に任じられる。1920年同校校長、1923年東京高等工芸学校校長を兼任となる。

日本の染織工業技術の研究と教育に寄与し、工業界の発展に尽くし、大日本織物協会理事長、日本化学会長などを歴任した。勲二等旭日重光章受勲。

参考文献[編集]

  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年