松岡寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松岡寿

松岡 壽松岡壽 (まつおか ひさし、1862年3月5日文久2年2月5日) - 1944年4月28日)は、日本の洋画家美術教育家。1944 年 レジオンドヌール勲章 日本人受章者。

来歴[編集]

岡山藩士・松岡隣の次男として生まれる。川上冬崖が主催する聴香読画館で洋画の基礎を学んだ後、工部美術学校アントニオ・フォンタネージに師事する。フォンタネージが帰国後、後任教師フェレッチの指導に飽き足らず、1878年浅井忠ら同志と共に退学、十一会を結成。これは洋画家初の団体であった。

1880年ローマに留学して絵画を学び、1887年、帰国。1889年結成の明治美術会に参加した。

後に東京高等工芸学校1921年創立 / 現在の千葉大学工学部)の初代校長を務めた。まとまった作品を所蔵する機関としては、故郷に建てられた岡山県立美術館や、西川浩より油彩画、水彩画、デッサンなど75点を寄贈を受けた東京国立博物館が挙げられる。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 小堀桂一郎監修 所功編著 『名画にみる 國史の歩み』 近代出版社、2000年4月19日、pp.17,82,91,92、ISBN 978-4-907816-00-1

参考資料[編集]

展覧会図録