丹尾安典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丹尾 安典(たんお やすのり、1950年1月 - )は、日本の美術史家、早稲田大学文学学術院教授。西洋美術専攻。

来歴[編集]

東京都出身。早稲田大学修士課程修了、1979年博士課程単位取得満期退学、跡見学園女子大学専任講師、1982年早大専任講師、1986年助教授、1991年教授。西洋美術専攻で、戦争や男色を論じ、2008年初の単著『男色の景色-いはねばこそあれ』(新潮社)を上梓した。

編著[編集]

  • 世界の素描 28 ゴーガン (講談社 1977年
  • 25人の画家 現代世界美術全集 第12巻 ゴーガン (講談社 1980年
  • NHKオルセー美術館 6 20世紀へのかけ橋 セザンヌドニボナールルソーマイヨール (日本放送出版協会 1990年
  • パリ オルセ美術館と印象派の旅 (新潮社(とんぼの本) 1990年)
  • 日本の近代美術 1 油彩画の開拓者 (大月書店 1993年
  • こんなに面白い上野公園 林丈二共著 (新潮社(とんぼの本) 1994年
  • 岩波近代日本の美術 1 イメージのなかの戦争 日清・日露から冷戦まで (河田明久共著 岩波書店 1996年
  • 八重山の古陶 (観宝堂 2013年4月)
  • 北蓮蔵 : 渡欧期の肖像画 (早稲田大学會津八一記念博物館 2014年6月)
  • 尾崎文彦の元気 (早稲田大学會津八一記念博物館 2010年5年)
  • 山口八九子作品集 (山口八九子作品集刊行会 2008年10月)
  • 山口八九子の画境 1 (早稲田大学會津八一記念博物館 2002年6月)
  • 山口八九子の画境 2 (早稲田大学會津八一記念博物館 2005年7月)
  • 山口八九子の画境 3 (早稲田大学會津八一記念博物館 2016年5月)
  • 戦争画の相貌 (花岡萬舟連作 早稲田大学會津八一記念博物館 2009年6月)
  • 戦争画の相貌 2 (早稲田大学會津八一記念博物館 2013年5月)
  • 日本近代と「南方」概念-造形にみる形成と展開 (出版者不明 2010年3月)
  • 「沖縄の壺体國吉清尚」展 (早稲田大学會津八一記念博物館 2006年7月)
  • 無垢の眼 (早稲田大学會津八一記念博物館 2008年6月)
  • 記憶と歴史 : 日本における過去の視覚化をめぐって (文部科学省オープン・リサーチセンター整備事業シンポジウム報告書 早稲田大学會津八一記念博物館 2007年3月)
  • 記憶の痕跡 : WIJLC報告 (早稲田大学国際日本文学・文化研究所 2011年9月)
  • 評伝・原撫松 (美術出版社 1976年12月)