高橋信美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 信美(たかはし のぶよし、1884年 - 1958年)は日本の医師医学者

経歴[編集]

長野県小県郡武石村(現上田市)生まれ。旧制上田中学(長野県上田高等学校)、第四高等学校を経て東京帝国大学医学部卒業。同大助手を経て、1917年千葉医学専門学校(現千葉大学医学部)の第一外科主任教授となる。1919年から2年間欧米諸国に留学、1923年、千葉医科大学(同)教授となり、1929年には学長に就任した。1938年勲二等瑞宝章、1940年従三位に叙された。

その後、千葉県医師会会長、千葉県済生会長、日本外科学会会長、国際外科学会名誉会員などを歴任した。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第6142号、「叙任及辞令」1903年12月21日。

参考文献[編集]

  • 千葉大学医学部第一外科教室同門会 編『高橋信美先生』
  • 『人物でつづる千葉県社会福祉事業のあゆみ』