永田恭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永田 恭介
Kyosuke NAGATA
生誕 (1953-10-14) 1953年10月14日(65歳)
居住 日本の旗 日本
研究分野 分子生物学
研究機関 筑波大学
出身校 東京大学
主な受賞歴 日本ウイルス学会杉浦奨励賞
(1993年)
補足
筑波大学学長(第9代:2013年 - )
プロジェクト:人物伝

永田 恭介(ながた きょうすけ、1953年10月14日[1] - )は日本科学者。専門は分子生物学筑波大学医学医療系教授、筑波大学学長(第9代)。

来歴[編集]

1976年に東京大学薬学部を卒業し、1981年に同大学博士課程を修了する[1]薬学博士東京大学、1981年)[2]

専門は分子生物学ウイルス学構造生物化学[1][3]で、研究テーマは、ウイルスと真核細胞のゲノム/クロマチンの複製と転写の分子機構、ウイルスの増殖と病原性発現の分子機構、細胞周期制御と細胞がん化の分子機構[1][4]。2009年には横浜市立大学との共同研究でインフルエンザウイルスの増殖に必要な酵素(RNAポリメラーゼ)の構造を解明し、欧州分子生物学機関誌英語版に発表した[5][6][7]

2013年4月より、筑波大学学長(第9代)を務める[8][9]。2014年9月に行われた学長選考会議の結果再任され、任期は2019年3月までとなった[10][11]

所属学会は日本ウイルス学会日本癌学会日本生化学会日本分子生物学会日本薬学会[1]

年譜[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1981年9月-1984年6月 アルベルト・アインシュタイン医学校発生生物・癌研究部門 博士研究員
  • 1984年7月-1985年2月 スローンケタリング記念癌研究所(Memorial Sloan Kettering Cancer Center)分子生物・ウイルス研究系 研究員
  • 1985年2月-1991年3月 国立遺伝学研究所分子遺伝研究系 助手[1]
  • 1991年4月-1999年3月 東京工業大学生命理工学部 助教授[1]
  • 1999年4月-2001年1月 東京工業大学大学院生命理工学研究科 助教授[1]
  • 2001年2月-2001年3月 東京工業大学 大学院生命理工学研究科 教授
  • 2001年2月-2004年3月 筑波大学基礎医学系 教授[1]
  • 2004年4月-2006年3月 筑波大学大学院人間総合科学研究科社会環境医学専攻・基礎医学系 教授[1]
  • 2006年4月-2011年9月 筑波大学大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻 教授
  • 2010年 筑波大学 学長特別補佐
  • 2011年10月- 筑波大学医学医療系 教授[1]
  • 2012年 筑波大学 学長特別補佐[1]
  • 2013年4月-2019年3月(予定) 筑波大学 学長(第9代)

以上、脚注のない記述の出典は本人researchmap[3]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 永田恭介「世界を学びの場として、そして世界に開かれた学びの場として」、『CROSS T&T』第49号、総合科学研究機構2015年2月、 27-29頁、 ISSN 2185-8292 NCID AA12696327
  2. ^ a b 博士論文『FM3Aマウス乳癌細胞DNAポリメラーゼαの精製と活性促進因子について』 - 博士論文書誌データベースより。
  3. ^ a b 永田 恭介”. researchmap. 2014年8月28日閲覧。
  4. ^ a b 学長からのメッセージ”. 筑波大学. 2014年8月28日閲覧。
  5. ^ Kanako Sugiyama; Eiji Obayashi; Atsushi Kawaguchi; Yukari Suzuki; Jeremy R H Tame; Kyosuke Nagata; Sam-Yong Park (2009年). “Structural insight into the essential PB1–PB2 subunit contact of the influenza virus RNA polymerase”. The EMBO Journal 28: 1803-1811. doi:10.1038/emboj.2009.138. 
  6. ^ “筑波大など、ウイルスの複製酵素解明。”. 日本経済新聞 夕刊: p. 15. (2009年5月22日) 
  7. ^ “耐性型ウイルスにも効く仕組み解明 筑波大など特許出願”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2009年5月22日). http://www.asahi.com/special/09015/TKY200905210389.html 
  8. ^ 次期学長予定者の決定について”. 筑波大学. 2014年8月28日閲覧。
  9. ^ “筑波大、次期学長に永田氏。”. 日本経済新聞 朝刊: p. 42. (2013年1月30日) 
  10. ^ “筑波大学、学長に永田氏再選。”. 日本経済新聞 地方経済面(北関東): p. 41. (2014年9月27日) 
  11. ^ 平嶋健人 (2014年10月6日). “学長選考会議 永田学長が再任 「改革推進する」”. 筑波大学新聞 第316号 (筑波大学): p. 2 

外部リンク[編集]