長與專齋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nagayo Sensai.jpg

長與 專齋(ながよせんさい、天保9年8月28日1838年10月16日) - 明治35年(1902年9月8日)は日本医師医学者官僚。号は松香。姓は藤原、名は秉継。

略歴[編集]

肥前国大村藩(現在の長崎県大村市)に代々仕える漢方医の家系に生まれる。

大村藩藩校である五教館長崎県立大村高等学校の前身)で学んだ後、安政元年(1854年)、大坂にて緒方洪庵適塾に入門し、やがて塾頭となる(福澤諭吉の後任)。のち大村藩の侍医となった。

文久元年(1861年)、長崎に赴き、医学伝習所にて、オランダ人医師ポンペのもとで西洋医学を修める。その後、ポンペの後任マンスフェルトに師事し、医学教育近代化の必要性を諭される。明治元年(1868年)、長崎精得館の医師頭取(病院長)に就任。明治維新により同館は長崎府医学校(現長崎大学医学部)となったが、マンスフェルトと共に、自然科学を教える予科と医学を教える本科に区分する学制改革を行った。

明治4年(1871年)、岩倉使節団の一員として渡欧し、ドイツオランダの医学及び衛生行政を視察した。

明治6年(1873年)に帰国。明治7年(1874年)、文部省医務局長に就任。また東京医学校(現在の東京大学医学部)の校長を兼務。同年、東京司薬場(国立医薬品食品衛生研究所の前身)を創設した。

明治8年(1875年)、医務局が内務省に移管されると、衛生局と改称して、初代局長に就任。コレラなど伝染病の流行に対して衛生工事を推進し、また衛生思想の普及に尽力。衛生」の語は、Hygieneの訳語として長与が採用したものである。しかし明治16年(1883年)に内務卿となった山縣有朋とは肌が合わず、衛生局は業務に支障を来したため、軍医本部次長の石黒忠悳が兼務で衛生局次長に迎えられ、衛生局内では長與局長に劣らない力を持った。

専斎長與先生墓

石黒の紹介で愛知医学校長兼愛知病院長であった後藤新平を見出して明治16年(1883年)、衛生局に採用し、明治25年(1892年)、衛生行政の後継者として後藤を衛生局長に据えたが、後藤が相馬事件に連座して失脚するとこれを見捨て、以後は石黒が医学界における後藤の後ろ盾となった[1]

明治24年(1891年)に衛生局長を退いて後も、元老院議官貴族院議員、宮中顧問官、中央衛生会長などを歴任。また、石黒忠悳、三宅秀佐野常民らと大日本私立衛生会(のち日本衛生会、現日本公衆衛生協会)を興し会頭に就任するなど、医学界及び衛生行政に重きをなした。

家系[編集]

妻・園子は、長與家が侍医として仕えていた旧大村藩の名族・後藤多仲の長女。剣術家の斎藤歓之助は義兄(姉の夫)にあたる。

長男・長與稱吉も医師であり、専斎の功により男爵を授けられた。次男・長與程三は実業界に進み、日本輸出絹連合会組長。三男・長與又郎は病理学者で東京帝国大学総長、男爵。四男・岩永裕吉同盟通信社の初代社長。五男・長與善郎白樺派作家劇作家

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 駄場裕司『後藤新平をめぐる権力構造の研究』(南窓社、2007年)73-79頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]