山尾庸三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山尾庸三

山尾 庸三(やまお ようぞう、天保8年10月8日1837年11月5日) - 大正6年(1917年12月21日)は、幕末から大正時代の長州藩士、官僚。子爵。長州藩重臣で寄組繁沢氏の給領地庄屋[1]であった山尾忠治郎の二男。周防国吉敷郡二島村(現・山口県山口市秋穂二島)出身。木戸幸一太平洋戦争時の昭和天皇側近)の外祖父としても知られる。

略歴[編集]

萩藩寄組である繁沢石見に経理の才を認められ奉公(陪臣)に上がる。嘉永5年(1852年)江戸に赴き、航海術を学ぶ。

文久元年(1861年)、幕府の船・亀田丸に乗船し、アムール川流域を査察。帰国後は箱館に滞在して武田斐三郎に師事した[2]文久2年(1862年)、英国公使館焼き討ち事件に参加した[2]ほか、塙忠宝伊藤博文とふたりで暗殺した。

文久3年(1863年)、藩命により陪臣から藩の士籍に列し、密航で伊藤博文井上馨井上勝遠藤謹助と共にイギリスへ留学し、長州五傑と呼ばれた。ロンドングラスゴーにおいて、造船技術などさまざまな工学を学び、アンダーソン・カレッジにも通った。

明治元年(1868年)に帰国。帰国後に明治政府に出仕し、明治3年(1870年工部省の設立に携わる[3]。明治4年(1871年)、のちの東京大学工学部の前身となる工学寮(工部大学校)を創立。工部権大丞・工部少輔、工部大輔を経て、明治13年(1880年)工部卿に就任するなど、工学関連の重職を任された。また、参事院議官、参事院副議長も務めた。明治18年(1885年)より新たに創設された法制局の初代長官、宮中顧問官も務めている。明治20年(1887年)に子爵となる。

明治31年(1898年)退官後、文墨に親しみ特に金魚の飼育を好んだ。

また、を患う身体障害者の人材教育に熱心に取り組み、明治13年(1880年)に楽善会訓盲院を設立した。大正4年(1915年)には日本聾唖協会の総裁となっている。

大正6年(1917年)、心臓病のため死去[4]

栄典[編集]

演じた人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元々は武士階級だったが帰農した。
  2. ^ a b 萩の人物データベース
  3. ^ 朝日日本歴史人物事典
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)29頁
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 和田昭允「近代工学誕生期の先見的知性 -山尾庸三-」(『国立科学博物館ニュース』1997年6月号)
  • 兼清正徳「山尾庸三伝 -明治の工業立国の父-」(山尾庸三顕彰会、2003年) 
  • 兼清正徳「山尾庸三」(『近現代日本人物史料情報辞典2』吉川弘文館、2005年)

放送番組[編集]

  • tysテレビ山口制作「生きた器械になりたい~時代の先駆者山尾庸三」(1997年12月27日放送)の番組を参考に、放送の5年後の2002年12月に全日空の機内誌「翼の王国」で「長州ファイブ特集」が組まれる。そして機内誌を参考に映画化に至る。