荒川巳次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荒川 巳次(あらかわ みのじ、安政4年10月6日[1]1857年11月22日) - 昭和24年(1949年10月1日[2])は、日本の外交官。駐メキシコ公使、駐スペイン公使。

経歴[編集]

鹿児島県出身。1880年(明治13年)、工部大学校鉱山学科を卒業[1]1886年(明治19年)、外務書記生となり、交際官試補、公使館書記官、天津副領事、同一等領事、仁川一等領事を務めた[1][2]日清戦争の際には大本営附となり、行政庁知事として金州城の行政にあたった[1][3]。その後、天津一等領事、蘇州杭州一等領事、ロンドン総領事を歴任[2]1906年(明治36年)に駐メキシコ公使に就任し、1909年(明治42年)には駐スペイン公使に転じ、駐ポルトガル公使を兼ねた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 人事興信録 1915.
  2. ^ a b c 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『日本外交史辞典』山川出版社、1992年、p.23。
  3. ^ 明治28年 1. 9 臨着1469号 金州城行政庁知事荒川巳次発 大本営副官部大生歩兵中佐宛 金州城行政規則送付』 アジア歴史資料センター Ref.C06061288900 

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年