狩野亨吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
狩野 亨吉
(かのう こうきち)
Kano Kokichi.jpg
生誕 (1865-09-17) 1865年9月17日
日本の旗 日本久保田藩
(秋田県大館市)
死没 (1942-12-22) 1942年12月22日(77歳没)
日本の旗 日本東京都文京区
研究分野 哲学
研究機関 第一高等学校
出身校 帝国大学・東京帝国大学(理学士・文学士)
文学博士
主な業績 安藤昌益の著書『自然真営道』の発掘、再評価
影響を
与えた人物
夏目漱石
金子孚水
プロジェクト:人物伝

狩野 亨吉(かのう こうきち、1865年9月17日慶応元年7月28日) - 1942年昭和17年)12月22日)は、日本の教育者。号は君山[1]

第一高等学校の校長、京都帝国大学文科大学初代学長を務める。また、江戸時代の特異な思想家安藤昌益の発見、竹内文書の批判、春画の蒐集でも知られる。

略歴・人物[編集]

小学校入学まで[編集]

学歴[編集]

  • 1878年(明治11年) 同小学校卒業、東京府第一中学(現在の都立日比谷高校)変則科に入学。のち、教育令改正のため、第一中学から新制 大学予備門(のちの第一高等学校)に繰上げ入学。
  • 1884年(明治17年) 大学予備門卒業、東京大学(後の帝国大学→東京帝国大学)理学部入学
  • 1888年(明治21年) 帝国大学理科大学数学科を卒業、理学士。
  • 1889年(明治22年) 帝国大学文科大学哲学科2年へ編入。在学中、英文科在学中の夏目漱石と親しくなる。
  • 1891年(明治24年) 同哲学科卒業、文学士。同大学院へ進む。
  • 1907年(明治40年) 文学博士(帝国大学教授任期1年を満たしたため)。

職歴[編集]

人物[編集]

東京府第一中学の同級に親友の澤柳政太郎松崎蔵之助岡田良平上田萬年幸田露伴尾崎紅葉がいた。

東京大学卒業後、四高・五高の倫理学教授を経て一高の校長となったが、夏目漱石が英国留学後、一高講師になったのは狩野の推薦による[注釈 1]。また、理科から文科哲学へと若かりし日の狩野と類似の軌跡を辿った田邊元なども教え子である。名校長の誉れが高く、一高の校風はこの時期に確立したといわれている[注釈 2]

京都帝大時代は内藤湖南幸田露伴西田幾多郎富岡謙蔵桑原隲蔵ら少壮有為な人びとを教授陣に招き、京大文学部の基礎を築いたが、当時は少なからず波紋を呼んだ[1][2][注釈 3]。英文科に夏目漱石を招くことも強く望んでいたが、漱石は固辞し東京朝日新聞社に入社した。ただ、その後も交友関係は続き、漱石の葬儀にあたっては友人代表に推され弔辞を読んでいる[注釈 4]。狩野自身は漱石の文学にはほとんど関心を示さず、「小説よりも講談のほうがずっとおもしろい」と言っていたという[2]

京都帝国大学退官以後、学校関係の定職にはつかなかった。1923年(大正12年)東京市小石川区大塚坂下町の長屋に姉の前小屋久子とともに「書画鑑定並びに著述業」の看板を掲げ、書画や刀剣の鑑定などで生計を立てた[2]浮世絵春画の蒐集家としても有名で、改造社社長の山本実彦からは「春画蒐集にかけては日本一」と折り紙をつけられた。また、浮世絵研究家の金子孚水は「浮世絵の秘画の収集は世界最大のもの」と評している。自ら絵筆を執って描いた「あぶな絵」も数百枚に及ぶ。これらの自筆の絵に合わせる形で、ノート30冊のポルノ小説を遺したことも知られている。なお、亨吉にとっての「鑑定」とは「歴史の捜索を繰り返すこと」を意味していた[2]。彼からすれば、歴史を次々に読み切っていくことこそが鑑定であり、いわば「世界読書法」なのであった[2]

狩野の学識を惜しむ中学以来の親友澤柳政太郎から東北帝国大学総長に推されたこともあるが固辞した。山縣有朋や文部大臣浜尾新の意向で、浜尾や東大総長山川健次郎から皇太子裕仁親王(のちの昭和天皇)の教育掛に推されたこともあるが、「自分は危険思想の持ち主である」としてこれを拒否している[2]。自身は「西田さんや内藤君はどうか」と述べて2人を推薦したという[2]

一高在任中の1899年(明治32年)江戸時代の思想家安藤昌益の著書『自然真営道』を見出し、1928年(昭和3年)『岩波講座 世界思潮』第三冊誌上に「安藤昌益」を発表し紹介。また、天津教古文書のいわゆる竹内文書について史料批判を行い、1936年(昭和11年)6月、岩波書店『思想』誌上で「天津教古文書の批判」を発表し偽書であることを証明した。なお、1942年(昭和17年)天津教の裁判に検察の証人として言語学者橋本進吉とともに出廷している。

1912年(明治45年)から1913年(大正2年)にかけて、10万点以上の貴重な蔵書を東北帝国大学に売却。この蔵書は、同大学図書館に狩野文庫として所蔵されている[3]。また、東京大学駒場図書館にも、狩野文庫として亨吉の日記・来翰が所蔵されている[4]

生涯独身で、童貞だったとする説もある。生前には1冊の著書も刊行しなかった。博覧強記にして多くの知識人の人望を集めた。めったに肖像画を描かない画家須田剋太が「狩野亨吉像」を描いており、哲学者田邊元は「自分の学問の師はあきらかに西田博士であるが、人生の師は狩野博士である」と述べたといわれる[2]。また、弁護士正木ひろしは「狩野先生こそ本当の国宝的人物だ」と評した[2]

1942年昭和17年)12月22日)逝去。多磨霊園に葬られた。

家族[編集]

父の狩野良知・叔父の狩野旭峰は漢学者。祖母の狩野水子(美津)は歌人として知られる。母は水野千代。兄に自由民権運動家の狩野元吉、姉に前小屋氏に嫁した久子がいる。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 亨吉は漱石の要請により五高の教頭で務めた。亨吉は、小説『それから』の主人公「代助」のモデルになったといわれる。青江『狩野亨吉の生涯』:松岡正剛の千夜千冊
  2. ^ 亨吉の次の学長の新渡戸稲造と比較すると、亨吉は内向きで稲造は外を向いていたと評される。また、亀井高孝は「新渡戸先生はいだいであるが、その道を進む人はありえよう。しかし狩野先生のやうな人は再び出にくい」と記している。青江『狩野亨吉の生涯』:松岡正剛の千夜千冊
  3. ^ 富岡謙蔵とは富岡鉄斎の子であり、また、桑原隲蔵の子が桑原武夫である。青江『狩野亨吉の生涯』:松岡正剛の千夜千冊
  4. ^ 漱石の『吾輩は猫である』に登場する「苦沙弥先生」のモデルは狩野亨吉だといわれている。「狩野亨吉」『秋田大百科事典』(1981)p.203

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「狩野亨吉」『秋田大百科事典』(1981)p.203
  2. ^ a b c d e f g h i 青江舜二郎『狩野亨吉の生涯』:松岡正剛の千夜千冊 第1229夜
  3. ^ 狩野文庫データベース(東北大学デジタルコレクション)
  4. ^ 東京大学附属図書館のコレクション紹介(東京大学附属図書館)
  5. ^ 『官報』第7499号、「叙任及辞令」1908年06月26日。

参考文献[編集]

  • 安倍能成編 『狩野亨吉遺文集』 岩波書店、1958年。復刊1969年・1986年ほか
  • 青江舜二郎 『狩野亨吉の生涯』 明治書院、1974年。中公文庫、1987年。
  • 鈴木正 『狩野亨吉の思想』 第三文明社〈レグルス文庫〉、1981年。平凡社ライブラリー(増補版)、2002年。
  • 鈴木久忠 「狩野亨吉」『秋田大百科事典』 秋田魁新報社、1981年9月。ISBN 4-87020-007-4

外部リンク[編集]