横畠裕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横畠 裕介
よこばたけ ゆうすけ
Yusuke Yokobatake cropped Yusuke Yokobatake 201405.jpg
生年月日 1951年10月12日
出生地 日本の旗 東京都
出身校 東京大学法学部
前職 内閣法制局長官
現職 国家公安委員会委員
称号 法学士(東京大学)
瑞宝大綬章

内閣 第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
第4次安倍第1次改造内閣
在任期間 2014年5月16日 - 2019年9月11日
テンプレートを表示

横畠 裕介(よこばたけ ゆうすけ、1951年昭和26年〉10月12日 - )は、日本の官僚検察官国家公安委員会委員第2次安倍内閣内閣法制局長官に就任。東京都出身。

経歴[編集]

1973年(昭和48年)9月、司法試験第二次試験合格。翌1974年(昭和49年)3月に東京大学法学部を卒業し、4月より司法修習生。司法修習修了後、1976年(昭和51年)4月に検事として任官され、東京地方検察庁を振り出しに、長野地方検察庁・東京地検・静岡地方検察庁法務省刑事局付検事・札幌地方検察庁・東京地検を歴任した[1]。長野地検時代には、富山・長野連続女性誘拐殺人事件1980年発生)[注 1]被疑者として逮捕された男性(1992年無罪確定)の取り調べを担当した[3]佐木隆三は同事件を扱った著書で、横畠が男性に対し「道義的責任」「男の責任」などの観点から自白を迫った旨を述べている[4]。男性本人も、富山地裁で開かれた第一審公判で、自身を取り調べた横畠を「私を無理に自白させたのではないか」と追及したが、横畠はそれを否定している[5]

1993年(平成5年)7月、内閣法制局参事官(第二部)となり、1998年(平成10年)7月より1年1ヶ月法務省刑事局刑事法制課長を務めた後再び内閣法制局に戻り、第一部中央省庁等改革法制室長などを歴任。2004年(平成16年)8月から第二部部長、2010年(平成22年)7月から第一部部長を務め、2011年(平成23年)12月には法制局ナンバー2である内閣法制次長に就任した[6]

それまで内閣法制局長官は内閣法制次長からの昇格が続いており、横畠も長官就任が確実視されていたが[7]第2次安倍内閣集団的自衛権の行使を可能とするよう憲法解釈を変更するために、行使容認派の小松一郎2013年(平成25年)8月に長官に任命し、横畠は次長を続投することになった[8]2014年(平成26年)1月に小松が腹部の腫瘍のため入院したことにより、横畠は長官事務代理に就任[9]。小松はいったんは退院して集団的自衛権行使容認の閣議決定に道筋を付け、同年5月に長官を退任(その後6月23日に死去)[10]。横畠が後任として長官に昇格した[11]

2019年 (令和元年) 9月、第四次安倍再改造内閣発足により、内閣法制局長官を退任[12][13]

2020年 (令和2年) 5月27日、国家公安委員会委員に就任[14]

2022年(令和4年)春の叙勲瑞宝大綬章を受章[15]

国連平和維持活動 (PKO) 協力法改正案に携わるなど安全保障分野を長く担当した。

発言[編集]

核使用憲法不禁止発言

2016年3月18日の参議院予算委員会で"憲法上、他国で核兵器が使用できるか”の質問に対し“防衛のための必要最小範囲に限る"と前置いた上で「あらゆる種類の核使用がおよそ禁止されているとは考えていない」と答弁[16]

声を荒げて発言

2019年3月6日の参議院予算委員会で小西洋之の質問に対し、「このような場で声をあらげて発言するようなことまで含むとは考えていない〔発言ママ〕」と発言、野党から"官僚の越権行為"と追及され、謝罪、撤回した[17]。この発言に関して2019年3月8日の参議院予算委員会冒頭において予算委員長の金子原二郎から厳重注意を受けた[18]

皇位継承問題

江崎道朗は、横畠が2017年6月1日の衆議院議院運営委員会で「皇統と申しますのは、天皇の血統、血筋ということでございます」と発言したことについて、内閣法制局は、男系男子でなくとも皇位継承は可能だと示唆している、と述べている[19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同事件では富山県在住の男女2人が被疑者・被告人として逮捕・起訴されたが、刑事裁判では女の単独犯(共犯とされた男性は事件には無関係)とされ、男性は1992年に無罪が確定した一方、女は1998年に死刑が確定している[2]

出典[編集]

  1. ^ 尾塚野形 2015, p. 99.
  2. ^ 北日本新聞』1998年9月5日朝刊一面1頁「M被告の死刑確定 富山・長野連続誘拐殺人事件 最高裁が上告棄却 「両事件とも単独犯行」 発生から18年余」(北日本新聞社)
  3. ^ 判例時報 1988, p. 56.
  4. ^ 佐木隆三 1991, p. 75.
  5. ^ 朝日新聞』1986年2月28日大阪朝刊C版富山版21頁「連続誘拐公判から 混迷深める裁き<中> 検察vs北野 自白の任意性に焦点 “密室”でどうやりとり」(朝日新聞大阪本社・富山支局) - 富山・長野連続女性誘拐殺人事件の関連記事。
  6. ^ 内閣法制局長官 横畠裕介 - 第2次安倍改造内閣 閣僚等名簿”. 首相官邸. 2014年10月10日閲覧。
  7. ^ “首相以上?の長官待遇 いびつな解釈積み重ね”. 産経新聞. (2013年11月27日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131127/plc13112708170006-n1.htm 2014年10月10日閲覧。 
  8. ^ “小松・法制局長官を閣議決定 「集団的自衛権」焦点”. 共同通信. (2013年8月8日). http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080801000844.html 2014年10月10日閲覧。 
  9. ^ “小松法制局長官が退院 24日から職務復帰”. 共同通信. (2014年2月22日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022101001794.html 2014年10月10日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ “内閣法制局の小松前長官が死去 集団的自衛権容認の支柱”. (2014年6月24日). http://www.asahi.com/articles/ASG6R4D07G6RUTFK008.html 2014年10月10日閲覧。 
  11. ^ “法制局長官に横畠氏昇格 憲法解釈変更に前向き”. 共同通信. (2014年5月16日). http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051601001041.html 2014年10月10日閲覧。 
  12. ^ 横畠法制局長官が交代へ” (日本語). 日本経済新聞 (2019年9月9日). 2019年9月11日閲覧。
  13. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年9月11日). “法制局長官が交代 横畠氏から近藤正春氏に” (日本語). 産経ニュース. 2019年9月11日閲覧。
  14. ^ 人事、内閣府日経電子版 2020/5/27
  15. ^ “春の叙勲 桃井かおりらに旭日小綬章 田中真紀子元外相夫妻には旭日大綬章”. 日刊スポーツ. (2022年4月29日). https://www.nikkansports.com/m/general/news/amp/202204290000224.html 2022年4月29日閲覧。 
  16. ^ 核使用は憲法禁止せず 内閣法制局長官が見解 共同通信2016年3月18日
  17. ^ “「声を荒らげて発言」の内閣法制局長官が答弁を謝罪・撤回”. 毎日新聞. (2019年3月6日). https://mainichi.jp/articles/20190306/k00/00m/010/165000c 2019年3月7日閲覧。 
  18. ^ “法制局長官を厳重注意 参院予算委員長 野党の質問姿勢批判で”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42193780Y9A300C1EA3000/ 2019年3月8日閲覧。 
  19. ^ 江崎道朗 (2019年4月16日). “「皇位継承問題」で無視される安倍総理の意向/江崎道朗” (日本語). 日刊SPA!. 2019年10月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 富山・長野連続女性誘拐殺人事件第一審判決 - 「実効正犯及び共謀共同正犯として二人が起訴された連続誘拐殺人事件において、実行正犯とされた者については有罪が認定できるが、共謀共同正犯とされた者については被告人及び共犯者の自白は信用できず有罪とは認定できないとして、一人に死刑、一人に無罪を言い渡した事例――富山・長野連続誘拐殺人事件第一審判決 富山地裁 63. 2. 9 判決」『判例時報』第1288号、判例時報社、1988年12月1日、 3-81頁、 doi:10.11501/2795299NDLJP:2795299/2
  • 佐木隆三 『女高生・OL連続誘拐殺人事件』 さ-5-12巻(初刷版)徳間書店徳間文庫〉、1991年9月15日 (原著1987年5月31日)。ISBN 978-4195993804NCID BN13987358国立国会図書館書誌ID:000002162477全国書誌番号:92025262  - 富山・長野連続女性誘拐殺人事件を題材としたノンフィクション『男の責任 女高生・OL連続誘拐殺人事件』(1987年5月31日発行:徳間書店 / 978-4191234475)を加筆・改題して文庫化したもの。
  • 尾塚野形(取材・文)「軽薄すぎる「法の番人」 内閣法制局長官・横畠裕介 安保法案擁護発言の裏側.」『紙の爆弾』第11巻第11号、鹿砦社、2015年9月7日、 98-103頁。 - 通巻:第121号(2015年10月号)。

外部リンク[編集]

公職
先代:
小松一郎
日本の旗 内閣法制局長官
第66代:2014 - 2019
次代:
近藤正春
先代:
山本庸幸
日本の旗 内閣法制次長
2011 - 2014
次代:
近藤正春