湯原元一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湯原 元一
Motoichi Yuhara, former director of the Tokyo Women's Higher Normal School.jpg
誕生 (1863-09-24) 1863年9月24日文久3年8月12日
肥前国佐賀(現・佐賀県佐賀市
別名 易水(
死没 (1931-10-04) 1931年10月4日(68歳没)
墓地 青山霊園
職業 教育者官吏
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学予備門
代表作 『倫氏 教育学』(1893年)
テンプレートを表示

湯原 元一(ゆはら もといち、1863年9月24日文久3年8月12日) - 1931年昭和6年)10月4日)は明治時代から昭和初期にかけての日本教育者文部官僚は易水。

東京音楽学校東京芸術大学音楽学部の前身)および東京女子高等師範学校お茶の水女子大学の前身)校長、東京高等学校東京大学教養学部の前身の一つ)初代校長を歴任した。

来歴・人物[編集]

佐賀藩士石井家に生まれる[1]。 実父は医師。幼少時に母方の湯原家を継ぐ。幼少期、佐賀藩藩校で学び、のち、それを改造した勧興小学校(佐賀藩校弘道館の流れを汲む)で学んだ[2]。実父の勧めもあって、東京帝国大学医学部に進学し、卒業。しかし、医師にはならずに文部省に入省する。福岡県を皮切りに、全国各地の公立尋常中学校で教諭として教鞭をとる。新潟県庁、北海道庁に出向し、教育行政の指揮にあたった後、再び教育の現場に復帰し、第五高等学校教授に就任。その時、同僚に夏目漱石小泉八雲がおり、親交を深める。1907年明治40年)には東京音楽学校長(後の東京藝術大学)に就任。1917年大正6年)には東京女子高等師範学校長(後のお茶の水女子大学)に、1921年(大正10年)には東京高等学校[3]初代校長に就任した。1930年7月1日、東京高等学校名誉教授となる[4]

湯原の教育姿勢は、欧米流の自由主義教育を基調とし、生徒を理不尽に縛らずに、主体性を重んじたという。また、過去の慣例にとらわれず、学校改革も推進し、有能な教師を抜擢したりした。日本の童謡の先駆者吉丸一昌は、第五高校時代の教え子であり、湯原が東京音楽学校長に就任した際、教授に抜擢した人物であった。

青山霊園の江副廉蔵の墓碑を書いている[5]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 「ヘルバルト派教育学説の全盛時代」(国民教育奨励会編纂 『教育五十年史』 民友社、1922年10月 / 国書刊行会〈明治教育古典叢書〉、1981年4月 / 日本図書センター、1982年1月)
  • 「普選と教育」(社団法人東京放送局編 『ラヂオ講演集 第一輯』 日本ラジオ協会、1925年11月、71-78頁) - 1925年3-4月に東京放送局が放送したもの。
  • 湯原先生記念出版 易水想波』 湯原先生記念会編、東京開成館、1928年3月
著書
訳書
  • 倫氏 教育学』 金港堂書籍、1893年5月
    • 『倫氏教育学』 国書刊行会〈明治教育古典叢書〉、1981年4月
  • 倫氏 教授学』 金港堂書籍、1896年6月
    • 仲新ほか編 『近代日本教科書教授法資料集成 第3巻』 東京書籍、1982年9月
  • 『慕氏 小学管理法』 岩田巌次郎共訳、金港堂書籍、1897年3月
  • 倫氏 教育学教科書』 金港堂書籍、1901年8月
編書

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 肥前石井氏の姻戚には鍋島氏一族、大隈重信久米邦武らが名を連ねている。
  2. ^ 佐賀県教育史第1巻(資料編1)P268
  3. ^ 後の東京大学教育学部附属中等教育学校に系譜が繋がる。
  4. ^ 『官報』第1051号、昭和5年7月2日。
  5. ^ 碑像マップ 江副廉蔵の墓
  6. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  7. ^ 『官報』第1201号「叙任及辞令」1916年8月01日

関連文献[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
(新設)
日本の旗 東京高等学校長
1921年 - 1927年
次代:
塚原政次
先代:
新潟県尋常中学校長
中村恭平
新潟県中学校
1899年
新潟県尋常中学校長
1898年 - 1899年
次代:
森岩太郎
先代:
野村綱
宮崎県尋常中学校
1896年 - 1898年
次代:
越智直