呉秀三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
呉 秀三
(くれ しゅうぞう)
Kure Shuzo.JPG
生誕 (1865-03-14) 1865年3月14日
日本の旗 日本 武蔵国江戸
死没 (1932-03-26) 1932年3月26日(67歳没)
研究分野 精神医学
研究機関 東京帝国大学
巣鴨病院
ウィーン大学
ハイデルベルク大学
松澤病院
出身校 東京帝国大学
主な業績 日本における精神病学の創立
プロジェクト:人物伝
呉秀三

呉 秀三(くれ しゅうぞう、元治2年2月17日1865年3月14日)- 昭和7年(1932年3月26日)は、日本医学者精神科医東京帝国大学医科大学教授(精神病学講座)。日本における精神病学の創立者。クレペリン学派の新しい精神病学の普及を通じて精神病患者の看護法を改めた。日本における最初の精神衛生団体である精神病者慈善救治会を組織(1902年)、三浦謹之助と共に日本神経学会を創立[1]。日本の近代精神医学者のほとんどが、呉の息のかかった人といえる[2]

人物・業績[編集]

広島藩医呉黄石(くれこうせき)の三男として、江戸青山の広島藩邸(現在の東京都港区)に生まれた[3][4]。母・せきは箕作阮甫の長女[4]統計学者呉文聰は長兄[4]

幼少時より、漢籍を学び漢学を愛好し、5,6歳のころは唐詩選三体詩を暗記したという。16歳で父母を相次いでなくし、経済的困窮もあったため、学生時代から医学書を出版した。東京大学医科大学入学、1890年、卒業。大学院に入り、精神医学を専攻した。1891年、助手兼東京府巣鴨病院医員、1891年に最初の論文「日本の不具者」「精神病者の書態」を著している。

1893年に富士川游と共著で『日本醫籍考』1894-1895年には単著で『精神学集要』1896年には法医学教授と共に『法医学提要』を刊行した。1896年4月助教授となり、オーストリアドイツ留学。1897年7月-1901年10月、ウィーン大学のオーバーシュタイナー教授に神経病理学を、クラフト・エービング教授、ハイデルベルク大学のクレペリン、ニッスル、エルブ教授に師事。

母校の教授や巣鴨病院医長、病院長、初代松沢病院長等を歴任し、「日本精神医学の草分け」と言われた。また医学史にも深い関心を持ち、シーボルト華岡青洲、外祖父・箕作阮甫等の伝記を著した。1932年、尿毒症のため死去[5]

森鴎外との交流があったことも知られている。富士川游と同郷であり、共著・共同編集している著作も多い。

『精神病者私宅監置ノ實況及ビ其統計的觀察』(1918年)のなかで述べた『わが邦十何万の精神病者は実にこの病を受けたるの不幸の他に、この邦に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし』という一節は特に有名であり[6]東京都立松沢病院の敷地内に建立されている呉の銅像の元にも書かれている。

家族・親族[編集]

長姉・ヤスは伊予吉田藩医の大月魯庵に嫁いだ[4]。次兄・半三と四姉・フミは夭折。次姉・クミは明治女学校の校長を務めた[4]。三姉・リキは書家日高秩父に嫁いだ[4]。洋学者の箕作秋坪地理学者箕作省吾は義理の伯父(母・せきの義弟)[4]菊池大麓数学者政治家)・箕作佳吉動物学者)・箕作元八西洋史学者)兄弟及び法学者の箕作麟祥は従兄[4][7]。医師の呉建経済学者呉文炳、文部官僚の日高第四郎は甥(建・文炳兄弟は文聰の子[4][7]、日高第四郎は日高秩父・リキ夫妻の四男[4])。

最初の妻・みなは国学者・三浦千春の長女[4]。みなとの間に1男4女をもうけた。長男は西洋古典学者の呉茂一[3][4][7]。長女・たまは外祖父・三浦千春の養女となり渋谷良平の三男・良幹を婿養子として迎えた[7][8]。次女・かつは木村男也[3][4][7]、三女・いくよは斎藤助堯に嫁いだ[4][7]。四女・芳江は姉・たまとその夫・三浦良幹の養女となり姉川将雄の四男で官僚義男を婿養子として迎えた[7][8]。みなの死後、本多富次郎の娘・みつと再婚し(みつにとっては初婚)[4]、次男・章二(元日本大学勤務)と五女・富子(夭折)をもうけた[3][4]

栄典[編集]

日本医史学会[編集]

1892年、秀三は富士川らと発起人になり、3月4日を杉田玄白らが、小笠原刑場で観臓した記念日とし、先哲追薦会を挙行。私立奨進会を発足させた。1915年1月、事業部門を独立させ、日本医師協会とし、それを1927年日本医史学会とし、翌年秀三が理事長に就任した[10]

主要な著作[編集]

  • 呉秀三・樫田五郎 『精神病者私宅監置ノ実況及び其統計的観察』 1918年
  • 呉秀三 『精神病学集要』 前編1894年 後編1895年
  • 増田知正・呉秀三・富士川游 『日本産科叢書』 1895年
  • 呉秀三・富士川游 『日本醫籍考』 1893年
  • 富士川游・呉秀三選集校訂 『東洞全集』 1918年
  • 呉秀三 『華岡青洲先生及び其外科』 1932年
  • 呉秀三 『シーボルト先生其生涯及功業』 1926年

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 泉[2012:236]
  2. ^ 村上[2010:68]
  3. ^ a b c d 人事興信録第5版[1918:く44]
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 水谷[2007:102]
  5. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)117頁
  6. ^ 金川英雄 (2012年11月12日). “見知らぬ世界へのどこでもドア なぜ,『精神病者私宅監置ノ実況』を現代語訳したのか”. 医学書院. 2018年8月14日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 人事興信録第9版[1931:ク62]
  8. ^ a b 人事興信録第9版[1931:ミ9]
  9. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  10. ^ 村上[2010:69]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]