きょうされん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

きょうされんは、日本の障害者に対する支援をする事業所(働く場、活動の場や生活の場、生活支援センターなどの多様な社会資源)の連絡会である。

概要[編集]

きょうされんは、1977年に障害のある人びとの願いをもとに、16ヵ所の共同作業所によって結成された団体である。現在は1916ヵ所の会員となり小規模作業所をはじめ通所型事業所やグループホーム、入所施設、相談支援センターなど大きくひろがっている。

結成当初の正式名は「共同作業所全国連絡会」で、略して「きょうされん」(共作連)だったが、2001年に略称が正式名となった。

現在は、会員間の交流、学習、要請運動などを通して、小規模作業所(現・地域活動支援センターIII型)だけでなく、グループホーム授産施設生活施設など幅広い分野にわたる施設間のネットワークを構築している。

理事長は社会福祉法人亀岡福祉会理事長の西村直。

入会資格[編集]

  • 支部のある都道府県の場合は作業所施設から支部そして事務局に経る。
  • 支部のない都道府県場合は作業所施設から事務局に経る。

月刊誌[編集]

  • 『月刊きょうされんTOMO』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]