小規模作業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小規模作業所(しょうきぼさぎょうしょ)とは、障害によって働く事が困難な障害者草の根レベルで日中の活動をサポートする福祉施設である。共同作業所、単に作業所と呼ぶこともある。

現在は障害者自立支援法の施行に伴い、地域活動支援センターⅢ型に移行している。

概要[編集]

精神障害者[編集]

1970年代半ばから設置運動が始まった法定外施設である。1980年代にその設置が本格化した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 共同作業所の実態とその役割─精神障害者の働くことの意義について─ 藤井克徳、岩崎晋也 リハビリテーション研究 1992年1月(第70号) 財団法人日本障害者リハビリテーション協会 2010年10月8日閲覧

関連項目[編集]