地域活動支援センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

地域活動支援センター(ちいきかつどうしえんセンター)とは、障害者自立支援法を根拠とする、障害によって働く事が困難な障害者の日中の活動をサポートする福祉施設である。その目的によってI型、II型、III型に分かれる。

設置は都道府県への届出制となっている(79条)。

種別[編集]

障害者総合支援法第五条 25  この法律において「地域活動支援センター」とは、障害者等を通わせ、創作的活動又は生産活動の機会の提供、社会との交流の促進その他の厚生労働省令で定める便宜を供与する施設をいう。

I型[編集]

精神保健福祉士などの専門職員を配置し、創作的活動または生産活動の機会の提供、社会との交流などを行う事業。

II型[編集]

入浴や食事の提供、機能訓練、介護方法の指導、レクリエーションなどを行う事業。

III型[編集]

小規模作業所

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]