狐憑き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
法橋玉山画『玉山画譜』にある狐憑きの画

狐憑き(きつねつき)は、キツネの霊に取り憑かれたと言われる人の精神の錯乱した状態であり、臨床人狼病英語版の症状の一種である。また、そのような精神状態にある人、そのような事が起こり得ると信じる信仰、迷信をもいう。

歴史[編集]

今昔物語』に、

物託(ものつき)の女、物託つて云く、己は狐也、祟をなして来れるに非ず、ただ此所には自ら食物散らふものぞかしと思ひて指臨き侍るを以て被召籠て侍るなり — 『今昔物語』本朝附霊鬼部第四十

とあるのが最古の例であるという。藤原実資は『小右記長元4年8月(1031年)の条に、狐憑きについて記し、建長年間の「古今著聞集」、応永年間の「中原康冨記」にも記述がある。

江戸時代は狐憑きに関する記述が豊富であった。

和漢三才図会』では

狐托於人也、強気者則不托、蓋邪気乗虚入之謂也

という説が武士階層に信じられた。

また、加藤嘉明の逸話なども語られた。

そのむかし、加藤左馬助嘉明、里人を従へて野を逍遙す、狐叢に眠るを見て、里人に命じてこれを撃たしむ、然るに、その狐里人に托いて種々の譫言をし、狂ひ廻るによりて、その親族大に駭き、祈祷加持を営めど、さらに退かず、一時一人の導士来り、われこれを退かしめんと数珠を揉みて経を誦す、時に嘉明ここに来り、この体を見てうち笑ひ、かれもまた狐なりと、鳥銃をもて撃殺すに、果して年回る狐なり、これ元来嘉明に寇すべき筈なるを、強気により托く事かなはず、因て里人に托きたるなり — 『松亭反古嚢』

『谷響続集』、

魅惑与(ばかすこと)悩者(つくこと)事殊也

『武徳編年集成』、

浮田秀家の室、妖恠に侵され悩乱す、秀吉(省略)来臨これ老狐の所為たる由を聴玉ひ、一簡を稲荷の祠官に投ぜらる

などのように武士の間で信じられていたが、医家の間でも、たとえば原南陽は、巫覡のいわゆる狐の13種類を信じ、その検査、治療は修験道者の加持祈祷によるとした。

文化年間、鳥取藩の医家の陶山大禄が初めて、狐憑きの妄誕無稽であることを論じて、『人狐弁惑』で、「狐憑は狂癇の変証にして所謂卒狂これなり、決して狐狸人の身につくものにあらず」として、キツネが霊獣ではない例証、狐憑きが馬憑きに変わる例を挙げ、「畢竟これ皆精神錯乱の致すところなり」と結論した。しかし、これは学者間のことで、民間ではなおこの迷信を払拭することはできなかった。

1892年明治25年)、島村俊一は明治政府の命により島根県で狐憑きを渉猟し、その結果を報告し、1893年(明治26年)榊俶は狐憑きを精神病的に観察、報告し、呉秀三は初めて狐憑症として記述した。

狐憑病は、鬼魅憑依などの一種にして、精神病に於て地方普通の妄信の檀呈するものに他ならず、而してその妄信の主として依托するところは、その症を構成する各原障礙なり、されば西洋には、狼憑、犬憑、鬼憑ありて狐憑なく、所謂狐憑なるもの、わが国に於ては頗る多く、狂疾を視て直に以て狐憑とするもの少なかあず、而してその色容を帯び来るの証候は、大体三種あり、曰く妄想に発するもの、曰く妄覚ない発するもの、曰く本人意識の変常に発するもの、これなり — 『精神病学集成』呉秀三

1902年(明治35年)、門脇眞枝は「狐憑病新論」で狐憑統計表を示し、狐憑症と精神病原障礙との関係を明らかにした。ベルツは、狐憑きの学問的報告を政府に行ない、政府は官報で、狐憑の俗見の払拭に努めた。

民間信仰[編集]

民間信仰においては、狐憑きの話は日本全国各地に見られる。キツネに憑かれた者は精神病のように異常な状態になるものと考えられている[1]

個人だけでなく、キツネが守護霊のように家系に伝わっている場合もあり、地方によっては管狐[2]オサキ[2][3]野狐[1]人狐が憑くことも狐憑きと呼ばれる[1][3]。これらの家はキツネを使って富を得ることができるが、婚姻によって家系が増えるといわれたため、婚姻が忌まれた[1]。また、憎い相手を病気にしたり、その者の所有物、作物、家畜を呪うこともできるといわれ、他の家から忌まれた結果、社会問題に繋がることもあった[3]

これらのほか「稲荷下げ」などといって、修験者や巫者がキツネを神の使いの一種とみなし、修法託宣を行うといった形式での狐憑きもある[1][2]

キツネに対する信仰の厚さは、キツネを稲荷神やその使いとみなす稲荷信仰、密教徒や修験者が行う荼枳尼天法、巫者や行者がキツネを使って行う託宣に示されており、これらの信仰を背景として狐憑きの習俗が成立したものと見られている[1]

現代医学的知見からの症例[編集]

テレビ放送[4]された謎の病 :抗NMDA受容体抗体脳炎

2011年9月、アメリカに留学中だった21歳の女性。ある時から頭痛が頻繁に起こるようになり、全身から汗が噴き出すように・・・。意識のない状態で「死んじゃう」と繰り返し、呼びかけにも応えられない。体をのけぞらせ何者かに操られているかのように体を激しく動かす。その様子は何かに憑りつかれたような激しい手足の痙攣と唇を突き出す顔面の発作的症状とで「狐憑き・悪魔祓い」の対象にもなった。医師の診断で少女は抗NMDA受容体抗体脳炎と判明。日米の病院で根気強く治療を続け、奇跡的回復までを実際の映像を交えて放送された。

米国では少女に取りついた悪魔に神父が挑む映画「エクソシスト」(1973年米国)。少女が奇妙な形相をしたり、体をベッドから浮かせたり、ブリッジのように身体をそらせたまま階段を下りたりするシーンが話題になった映画。

日本では以前から「狐に取りつかれた」として祈とう師が扱っていた奇妙な病。全身を襲う激しい発作は手足を痙攣させ部屋中を飛び跳ね転げ回る。顔面の麻痺は狐の顔のように目を引きつらせ唇を突き出す、その様相から「狐憑き」と呼ばれた。発症率は2万人に一人と決して珍しい病気ではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 宮本袈裟雄他 『民間信仰辞典』 桜井徳太郎編、東京堂出版1980年、97-98頁。ISBN 978-4-490-10137-9
  2. ^ a b c 『民俗学辞典』 民俗学研究所編、東京堂1951年、137-138頁。NCID BN01703544
  3. ^ a b c 佐藤米司他 『日本昔話事典』 稲田浩二他編、弘文堂1977年、250-251頁。ISBN 978-4-335-95002-5
  4. ^ 2017年5月2日 日本テレビ 「ザ!世界仰天ニュース」

関連項目[編集]