日高秩父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日高 秩父(ひだか ちちぶ、嘉永5年12月5日1854年1月3日) - 1920年大正9年)4月19日)は、明治から大正期の内大臣秘書官[1][2][3]東宮御学問所御用掛書家正五位勲三等は梅渓。呆呆谿とも書く(呆呆で1文字)。

生涯[編集]

下野国栃木県)出身。長三洲に書を学ぶ。蘭学者・箕作阮甫の孫娘と結婚し箕作家と姻戚関係で結ばれた[4]文部省の委嘱で『尋常小学書キ方手本』(明治36年)等の国語書キ方の国定教科書揮毫した。この国定教科書は師の長三洲の書風を受け継いでおり、顔真卿の楷書の書風、いわゆる顔法で書かれた。没後の国定教科書の揮毫は弟子の山口半峰が引き継いだ。 石碑の書も手がけており、現在全国に30基ほどを確認できる[5]

栄典・授章・授賞[編集]

外国勲章佩用允許

家族・親族[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第3版 く之部―す之部』、ひ7頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『人事興信録 第4版』、ひ2頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『人事興信録 第5版』、ひ2頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「学問の歩きオロジー わが故郷の偉人たち (3) - 現代につながる巨星たちの系譜」、102頁。
  5. ^ 林淳『近世・近代の著名書家による石碑集成-日下部鳴鶴・巌谷一六・金井金洞ら28名1500基-』収録「日高梅渓石碑一覧表」(勝山城博物館 2017年)
  6. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年(明治41年)9月28日
  7. ^ 『官報』第453号「賞勲叙任」1885年1月6日。
  8. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第2版』、甲1341頁。
  9. ^ 読売新聞1977年昭和52年)12月15日朝刊、19面。

参考文献[編集]

  • 『人事興信録 第2版』人事興信所、1908年(明治41年)6月18日発行
  • 『人事興信録 第3版 く之部―す之部』人事興信所、1911年(明治44年)3月25日発行
  • 『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年(大正4年)1月10日発行
  • 『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年(大正7年)9月15日発行
  • 水谷仁「学問の歩きオロジー わが故郷の偉人たち (3) - 現代につながる巨星たちの系譜」『Newton2007年平成19年)4月号、ニュートンプレス、98-103頁。