末延三次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

末延三次(すえのぶ さんじ、1899年12月5日 - 1989年7月24日)は、熊本県熊本市出身の英米法学者東京大学名誉教授。末延道成の養子(旧姓・平井)。

略歴[編集]

熊本県熊本市西唐人町の坪井川沿いで蝋燭マッチ商を営んでいた平井茂八の三男として生まれる[1][2]五高東京帝大を出て、帝大助手を経て助教授となり、1928年英国留学、ケンブリッジ大学で学んだのち渡米し、エール大学ハーバード大学で研究[1][3]。帰国後教授となる。法学博士で日本にプライバシーの権利を最初に紹介した[1][2]。その後、三菱の番頭末延道成の養嗣子となり末延姓を名乗る[1]。 道成より相続した財産により1933年に末延財団を設立、同初代理事長[4]豊川鉄道主要株主。比較法学会理事長[5]

妻の八重子は、三菱創業時幹部石川七財の孫で、東京女学館[3][6]。養父の末延道成は、妻八重子の伯母の夫に当たる[6][3]。声楽家の平井美奈子は弟・平井誠の妻[1]。妹の照子は熊本県多額納税者の製油肥料商・竹田佐平の長男の妻[7]

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 英米法教材 第6巻 信託法 高柳賢三共編 有斐閣、1933 
  • 英米法辞典 高柳賢三共編 有斐閣 1952
  • 現代アメリカの展望 一九五四年度「アメリカ研究」セミナー公開講義 東京大学出版会 1954
  • 人権宣言集 高木八尺,宮沢俊義共編 1957 岩波文庫

訳書[編集]

記念論集[編集]

  • 英米私法論集 末延三次先生還暦記念 東京大学出版会 1963

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 熊本における地域百年企業のDNA 合資会社高橋商店のケース・スタディ幸田亮一、熊本学園大学産業経営研究第26号、2007年3月
  2. ^ a b 末延三次(すえのぶさんじ)谷中・桜木・上野公園路地裏徹底ツアー
  3. ^ a b c 平井三次『帝国大学出身名鑑』校友調査会 昭和9
  4. ^ 末延財団の概要末延財団
  5. ^ 比較法学会総会関西大学校友会『関学』155号、昭和30年8月6日
  6. ^ a b 石川七財『財界物故傑物伝』実業之世界社編輯局編、実業之世界社、1936
  7. ^ 竹田佐平 『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]