科学基礎論学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

科学基礎論学会(かがくきそろんがっかい、英語名:The Japan Association for Philosophy of Science)は、1954年2月[1]に設立された日本学会。学会の趣旨は「科学の基礎に関する研究を促進し、海外の学界との連絡をはかり、斯学の向上発展に寄与すること」[1]学際的な学会であり、会員の専門分野の構成は、数学哲学論理学物理学心理学など、 多岐にわたる。2011年3月現在の会員数は一般会員約440名、名誉会員4名。2006年時点での女性会員比率は約7%[2]となっている。

機関誌[編集]

機関誌として雑誌『科学基礎論研究』をおよそ年2回のペースで発行している。『科学基礎論研究』は学会設立と同年の1954年に創刊された[3]。創刊当時の編集委員は下村寅太郎(哲学)、大江精三(哲学)、丘英通(生物学)、黒田成勝(数学)、末綱恕一(数学)、高木貞二(心理学)、三宅剛一(哲学)、山内恭彦(物理学)、湯川秀樹(物理学)であった[4]。2009年よりJournal@rchiveおよびJ-STAGEにて、雑誌本文がPDF形式で全文無料公開されるようになった(オープンアクセス化)。

また欧文誌として "Annals of the Japan Association for Philosophy of Science" を年一回のペースで発行している。和文誌と同じく、雑誌本文をPDF形式でネット上で全文無料公開している。

理事長[編集]

以下は歴代理事長の(部分的で不完全な)リストである

名前 主たる研究分野 所属職名(就任時) 期間
高木貞二(心理学者) 実験心理学動物心理学 東京大学文学部教授 1954年2月〜1962年
末綱恕一(数学者) 解析的整数論確率論 ? ?
林知己夫(数学者) 統計学 統計数理研究所所長 1972年〜1984年
吉田夏彦(哲学者) 分析哲学 東京工業大学 ?
西脇与作(哲学者) 科学哲学物理学の哲学生物学の哲学心の哲学 慶應義塾大学文学部教授 1999年4月〜?
飯田隆(哲学者) 言語哲学論理学の哲学 慶應義塾大学文学部教授 2008年ごろ
信原幸弘(哲学者) 科学哲学心の哲学、認知科学の哲学 東京大学大学院総合文化研究科教授 2011年4月〜2014年3月

脚注[編集]

  1. ^ a b 科学基礎論学会について(2011年度) 科学基礎論学会 最終閲覧日 2012年2月17日
  2. ^ 日本の文系学会における女性役員等比率 日本哲学会 男女共同参画ワーキンググループ 2006年3月4日 最終閲覧日 2012年2月17日
  3. ^ 林知己夫 「科学基礎論学会の設立とその後」 科学基礎論研究, Vol. 13 (1977) No. 2 pp.5-8 (オンライン・ペーパー
  4. ^ 永井 博 「『基礎科学』の時代」 科学基礎論研究, Vol. 13 (1977) No. 2 pp.1-4 (オンライン・ペーパー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]