朝倉治彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

朝倉 治彦(あさくら はるひこ、1924年 - 2013年9月15日)は、書誌学者。

國學院大學特別研修科修了。国立国会図書館勤務。近世から近代にかけての多くの書物の編纂、校訂を行う。四日市大学教授。

著書[編集]

  • 藩校の蔵書 日本古書通信社 1976 (こつう豆本)
  • 貸本屋大惣 日本古書通信社 1977 (こつう豆本)
  • 書庫縦横 出版ニュース社 1987
  • 図書館屋の書物捜索 東京堂出版 1987
  • 名所図会覚え書 日本古書通信社 1991 (こつう豆本)

編纂・校訂[編集]

  • 柳亭種彦日記 安藤菊二,吉田幸一共編 古典文庫 1951
  • 松陰中納言物語 吉田幸一共校 古典文庫 1952
  • 諸職受領調 安藤菊二,吉田幸一共編校 古典文庫 1952
  • 諸國色里案内 中村幸彦共編 古典文庫 1953
  • 仮名草子集 男色物 校 古典文庫 1958
  • 明治世相編年辞典 稲村徹元共編 東京堂出版 1965
  • 江戸名所図会 斎藤長秋鈴木棠三共校註 1966 (角川文庫)
  • 東京年中行事 若月紫蘭 校注 平凡社 1968 (東洋文庫)
  • 幕末・明治研究雑誌目次集覧 柳生四郎共編 日本古書通信社 1968
  • 明治官制辞典 東京堂出版 1969
  • 世相 原田伴彦共編 三一書房 1970 (日本庶民生活史料集成)
  • 東都歳事記 斎藤月岑 校注 平凡社 1970 (東洋文庫)
  • 都市風俗 森銑三,鈴木棠三共編 三一書房 1971 (日本庶民生活史料集成)
  • 明治初期三都新刻書目 佐久間信子共編 日本古書通信社 1971
  • 守貞漫稿 喜多川守貞 東京堂出版 1973
  • 風俗画報 校訂 全24分冊 明治文献 1973
  • 江戸繁昌記 寺門静軒 安藤菊二共校注 平凡社 1974 (東洋文庫)
  • 江戸方角安見図 東京堂出版 1975
  • 芸能記録 服部幸雄共編 三一書房 1975 (日本庶民文化史料集成) 藝能史研究會編
  • 江戸名所記 浅井了意 校注 名著出版 1976
  • 文学碑辞典 井門寛共編 東京堂出版 1977
  • 書誌書目シリーズ 宗政五十緒共編 ゆまに書房 1977
  • 東海道名所記 浅井了意 校注 平凡社 1979 (東洋文庫)
  • 柳亭種彦日記 校訂 秋山書店 1979
  • 假名草子集成 全47卷 東京堂出版 1980
  • 太政官日誌 石井良助共編 東京堂出版 1980
  • 明治初期官員録・職員録集成 第1巻 柏書房 1981
  • 書誌年鑑 深井人詩共編 '82 - 2010 日外アソシエーツ 1982
  • 太政官記事 内務省録事・大蔵省録事 東京堂出版 1982
  • 近世木活圖録 國會圖書館本 深澤秋男共編 青裳堂書店 1984 (日本書誌学大系)
  • 江戸近郊道しるべ 村尾嘉陵 編注 平凡社 1985(東洋文庫)
  • 幕末明治日誌集成 東京堂出版 1986
  • 近代史史料陸軍省日誌 全10巻 東京堂出版 1988
  • 辞書解題辞典 惣郷正明共編 東京堂出版 1977
  • 東征日誌 公議所日誌(続) 東京堂出版 1986 (幕末明治日誌集成)
  • 遊歴雑記初編 十方庵敬順 校訂 平凡社 1989 (東洋文庫)
  • 人倫訓蒙図彙 校注 平凡社 1990 (東洋文庫)

参考[編集]

  • 鳶魚江戸学座談