伊東祐麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊東 祐麿
Ito Sukemaro.jpg
生誕 1832年9月19日
死没 (1906-02-26) 1906年2月26日(73歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1870 - 1899
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

伊東 祐麿(いとう すけまろ、1832年9月19日天保3年8月25日) - 1906年2月26日)は、日本海軍軍人政治家。最終階級は海軍中将元老院議官貴族院議員子爵

経歴[編集]

薩摩藩士、伊東祐典の二男として生れる。薩摩藩砲隊長を経て、1868年に「春日丸」副長、さらに「乾行」艦長となる。

1870年、新政府に出仕し海軍少佐任官。「龍驤」副長、同艦長、中艦隊指揮官などを経て、1872年、海軍少将に進級。佐賀の乱では佐賀征討参軍として出征した。東部指揮官東海鎮守府司令長官仰付を歴任。西南戦争では海軍艦隊指揮官として出征し、1878年11月、海軍中将となる。海軍省軍務局長海軍兵学校長などを歴任し、1899年4月、後備役に編入された。1905年10月19日に退役した[1]

その他、元老院議官、貴族院議員を務めた。1884年7月、子爵を叙爵し華族となる。1890年10月20日、錦鶏間祗候となる[2]

栄典[編集]

勲章等

親族[編集]

  • 妻 伊東千勢子 久留島道胤 子爵の娘
  • 長男 伊東綱丸(海軍中尉高砂乗組、同艦触雷沈没の際戦死)
  • 次男 伊東二郎丸(貴族院子爵議員、陸軍政務次官、外務政務次官)
  • 娘婿 萩原守一(外交官)・川上素一(陸軍少佐)・桜孝太郎(海軍主計総監)・笹尾源之丞(海軍大佐[10])・古谷久綱(内閣総理大臣秘書官・衆議院議員)
  • 伊東祐亨元帥海軍大将)・伊東祐道(海軍大尉)・窪田祐章(海軍大佐)
  • 来孫 外山斎(元参議院議員)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6694号、明治38年10月20日。
  2. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  3. ^ 申3号大日記 式部寮達 赤松大丞外5名叙位の件』 アジア歴史資料センター Ref.C09110142400 
  4. ^ 甲1番大日記 式部寮達 中牟田少将外1名叙位の件』 アジア歴史資料センター Ref.C09111306400 
  5. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  6. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  7. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  8. ^ 『官報』第1306号「叙任及辞令」1887年11月4日。
  9. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  10. ^ 1919年10月24日死去。『官報』第2175号、大正8年11月4日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
伊東(祐麿)家初代
1884年 - 1906年
次代:
伊東二郎丸