高橋義雄 (茶人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高橋 義雄
(たかはし よしお)
Yoshio Takahashi.jpg
ラヂオ講演集』第8輯、日本ラヂオ協会、1926年9月12日、105頁。
ペンネーム 箒庵(そうあん)、准亭居士
誕生 (1861-10-02) 1861年10月2日
水戸
死没 (1937-12-12) 1937年12月12日(76歳没)
職業 新聞記者実業家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 慶應義塾正則科卒業(1882年)
活動期間 1884年-1938年
ジャンル ノンフィクション
主題 茶道
代表作 東都茶会記』(1914年-1920年)
大正茶道記』(1921年-1928年)
大正名器鑑』(1921年-1927年)
デビュー作 日本人種改良論』(1884年)
配偶者 初代東明柳舟(長唄演奏家)[1]
テンプレートを表示

高橋 義雄(たかはし よしお 、1861年10月2日文久元年8月28日) - 1937年昭和12年)12月12日)は、日本の実業家。茶人・高橋 箒庵(そうあん)としても知られる。

略歴[編集]

水戸藩士・高橋常房の四男として生まれたが明治維新により生活困窮に陥り、13歳で植田村の呉服店「近藤」に丁稚奉公に出される[2][3]。3年奉公したが耐え難く実家に戻り、以降各所に居候しながら学ぶ[2]1878年(明治11年)ごろは水戸の漢学塾・自彊舎に通った[4]茨城中学卒業後地元で就職するつもりだったが、福沢諭吉が新聞事業のため文章のうまい学生を探しているという話を聞き、上京[4]1881年(明治14年)慶應義塾に入学して約一年間学んだ後、1882年(明治15年)5月に、友人の石河幹明井坂直幹らとともに、福澤率いる時事新報の記者になった[3]生糸売買で成功した前橋の商人下村善太郎と知り合い、実業視察のための洋行話を取り付け、下村の援助で1887年(明治20年)9月に渡米[3]その後アメリカに渡った際、デパート経営に興味を持った。帰国後、三井銀行に入社[要出典]

1895年(明治28年)、三井呉服店(三越)に移り、様々な経営改革を行った。例えば、江戸時代以来の座売り(商品を店頭に並べるのではなく、客の求めに応じて1つ1つ奥から取り出す)を陳列販売に改めたり、大福帳をやめて会計制度を導入したり、経営の近代化に努めた。高橋の経営改革は、同窓(慶應)の日比翁助が引き継ぎ、さらに推進することになる。その他、三井鉱山などの経営にも関わった[要出典]。三井家の重役のなかでもとくに勢力があり、贅沢な暮らしぶりで知られた[2]

1911年(明治44年)、50歳のときに実業界を引退し、以後は茶道三昧の生活を送り、風雅の道を通じて各界の名士と広く交際した[5]。 『大正名器鑑』、『東都茶会記』など、茶道に関する著作が多数ある。

高橋は護国寺の檀徒総代を務めており、護国寺を茶道の総本山にしようと考えていた。護国寺への松平不昧公の分墓、園城寺日光院客殿の移築、茶室の整備などを行い、茶道振興に尽力した[要出典]

著作[編集]

図書[編集]

  • 日本人種改良論』 石川半次郎、1884年9月
  • 拝金宗 一名・商売のススメ』第1篇、甲子二郎〔他〕、1886年
  • 拝金宗 一名・商売のススメ』第2篇、甲子二郎〔他〕、1887年
  • 通俗日本商業教育論』 金港堂、1887年6月
  • 『梨園の曙 一名・西洋演劇脚本』 高橋義雄編訳、金港堂、1887年
  • 商政一新』 大倉書店、1890年5月
  • 英国風俗鏡』 大倉保五郎、1890年12月
  • 寸松菴色紙紀貫之書、高橋義雄・田中親美編、槃薄堂、1909年5月
  • 『我楽多籠』 箒文社、1914年
  • 『東都茶会記〈全13巻〉』 慶文堂書店、1914-1920。
  • 実業懺悔』 箒文社、1915年
  • 『水戸学』 箒文社、1916年
  • 『大正庚申茶道記』 慶文堂書店、1921年
  • 『大正茶道記〈全8巻〉』 慶文堂書店、1921-1928。
    • 『大正茶道記 近代茶会史料集成〈全3巻〉』 熊倉功夫原田茂弘校注、淡交社、1991年
  • 大正名器鑑〈第1~9編〉』 大正名器鑑編纂所、1921-1927。
    • 『大正名器鑑〈第1~9編〉』 宝雲舎、1937年
    • 『大正名器鑑〈第1~9編〉』 アテネ書房、1997年
  • 『茶道茶器及陶磁器』 書画骨董叢書刊行会、1922年
  • 『山公遺烈』 慶文堂書店、1925年
  • 『平家納経副本』 厳島経副本調製会、1926年
  • 「掛物のお話」『ラヂオ講演集』第8輯、日本ラヂオ協会、1926年9月12日、105-112頁。
  • 『近世道具移動史』 慶文堂書店、1929年
  • 『昭和茶道記』 慶文堂書店、1929年
    • 『昭和茶道記 近代茶会史料集成〈全2巻〉』 熊倉功夫編、淡交社、2002年
  • 『茶道実演録』 慶文堂書店、1931年
  • 『高谷宗範高橋箒庵両先生茶道論戦公開状』 大阪幽玄社茶道研究会、1932年
  • 『箒のあと』 秋豊園、1933年
    • 『箒のあと』 秋豊園出版部、1936年、普及版。
  • 『平岡吟舟翁と東明曲』 秋豊園、1934年
  • 『福澤先生を語る 諸名士の直話』 岩波書店、1934年
  • 『趣味ぶくろ』 秋豊園出版部、1935年
    • 『趣味ぶくろ』 秋豊園出版部、1938年
  • 『茶道讀本』 秋豊園出版部、1936年
    • 『茶道読本』 ローラン社、1949年
  • 『天正・昭和北野大茶湯 古今茶道の対照』 秋豊園出版部、1936年
  • 『十二ヶ月茶の湯』 秋豊園出版部、1938年
  • 遠州蔵帳図鑑』上下篇、益田孝・高橋義雄編、宝雲舎、1938年
  • 『茶道本山記』 三尾邦三、1938年
  • 『大正名器鑑実見記』 小田栄一編、淡交社、1996年ISBN 4-473-01467-3

日記[編集]

  • 『萬象録 高橋箒庵日記〈第1~8巻〉』 思文閣出版、1986-1991。

書簡[編集]

  • 『山縣有朋関係文書〈第2巻〉』 尚友倶楽部山縣有朋関係文書編纂委員会編、山川出版社、2006年3月。ISBN 4-634-51181-9 - 山縣宛高橋書簡が1通収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 新撰 芸能人物事典 明治~平成
  2. ^ a b c 高橋義雄『豪商の雇人時代 : 商人立志』墨堤隠士 著 (大学館, 1905)
  3. ^ a b c 『実業懺悔』高橋義雄 著 (箒文社, 1915)
  4. ^ a b 慶應義塾・福沢諭吉 時事新報史 第12回:水戸出身記者の入社都倉武之、慶応義塾大学出版会、2007年1月31日
  5. ^ 伊藤隆編 『山県有朋と近代日本』 吉川弘文館 2008年 についての小宮一夫による 書評

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]