石河幹明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いしかわ かんめい[1][2]
石河 幹明
生誕石河 忠四郎[1][2]
(1859-11-11) 1859年11月11日
常陸国東茨城郡下市萩7番地[2]
死没 (1943-07-25) 1943年7月25日(83歳没)
麻布富士見町[2]
国籍日本の旗 日本
別名碩果生[1][2]
教育慶應義塾本科
職業ジャーナリスト、『時事新報』記者・主筆
活動期間1885年-1935年
代表経歴福澤諭吉伝
宗教キリスト教
配偶者[2]
子供2男5女[2]
家族水戸藩士石河幹孝(父)、
石河明夫(子)[3]

石河 幹明(いしかわ かんめい[1][2]安政6年10月17日1859年11月11日) - 昭和18年(1943年7月25日)は、日本ジャーナリスト。新聞『時事新報』主筆、茨城県会議員。慶應義塾理事および評議員。交詢社常議員長。徳川家評議員。千代田生命取締役。

は碩果生(せきかせい)。福澤諭吉の伝記『福澤諭吉伝』全4巻を執筆し、大正版『福澤全集』全10巻、昭和版『続福澤全集』全7巻を編纂した。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

短編[編集]

  • 石河幹明 著「福沢先生の文章」、富田正文 編 『福沢諭吉集』筑摩書房〈明治文学全集 第8〉、1966年。 
  • 西田長寿 編 『明治新聞人文学集』筑摩書房〈明治文学全集 91〉、1979年7月。  - 収録作品は石河幹明の仕事で公開されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 松崎 2010, pp. 436f
  2. ^ a b c d e f g h i 土橋 1979, pp. 451f
  3. ^ 平山洋東谷暁東谷暁インタビュー: 平山洋 福沢諭吉「脱亜論」の真実」『表現者』第3号、ジョルダン、2005年11月1日、 pp. 64-79。
  4. ^ 平山 2004, pp. 46–49
  5. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 93頁。
  6. ^ 石河幹明[多磨霊園のに眠る偉人・著名人]”. ハナミズキ (2012年1月13日). 2012年1月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 土橋俊一 著、西田長寿 編 『明治新聞人文学集』筑摩書房〈明治文学全集 91〉、1979年7月、116-144,451f頁。ISBN 4-480-10391-0 
  • 平山洋 『福沢諭吉の真実』文藝春秋〈文春新書 394〉、2004年8月20日、6,27,46-49,66-76,88-93,147頁。ISBN 4-16-660394-9 
  • 松崎欣一 著「石河幹明 いしかわ みきあき」、福澤諭吉事典編集委員会 編 『福澤諭吉事典』慶應義塾大学出版会、2010年12月25日、p.436 f頁。ISBN 978-4-7664-1800-2 
  • 三田評論総: 創刊80年記念出版(1898-1978年)
  • 石河明子『水戸っぽの頑固』祖父幹明と福沢諭吉・未亡人里からの聞き書き 2018年9月25日 銀の鈴社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

慶應義塾豆百科』 No.80 『福澤諭吉傳』の復刊