伊藤雋吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤雋吉

伊藤 雋吉(いとう しゅんきち[1]天保11年3月28日[1]1840年4月30日[2]) - 大正10年(1921年4月10日[1])は、大日本帝国海軍軍人海軍中将正二位[3]勲一等功三級男爵

経歴[編集]

舞鶴藩の下士、伊藤勝介の長男[1]。丹後国舞鶴に生まれる[3]。幼少より学問に優れ、藩命により江戸に留学して大村益次郎に師事し、兵学や数学を学ぶ[3]

明治維新の後、兵部省出仕、海軍操練所出仕、海軍兵学寮中教授(以上は文官)を経て、1871年(明治4年)、海軍少佐(武官)に任官すると同時に「春日」艦長[1]

日進」副長を経て、1872年(明治5年)に海軍中佐に進級すると同時に「筑波 」艦長。その後、海軍兵学校監学課長、海軍兵学校長代理、海軍兵学校次長、「金剛」艦長を歴任し、1878年(明治11年)に海軍大佐に進級。海軍兵学校長に転じ、1882年(明治15年)に海軍少将に進級。同年、折から発足した共同運輸会社の社長に現役海軍少将のまま就任。その後、横須賀造船所長、海軍省艦政局長[注釈 1]、海軍参謀部長[注釈 2]、海軍省第二局長[注釈 1]を歴任し、1890年(明治23年)5月に海軍次官に就任、同年9月に海軍中将に進級。1893年(明治26年)から2年間は海軍省軍務局長を兼ねる。1895年(明治28年)に男爵。1898年(明治31年)、8年以上務めた海軍次官を退く[9]と同時に予備役編入。[1]

1899年(明治32年)から1921年(大正10年)の死去まで貴族院議員[1]

草創期の海軍きっての能書家であり、軍艦の艦尾の艦名表示(ひらがな)に使う、いろは48文字を揮毫した。以来、帝国海軍・海上自衛隊を通じて、伊藤の揮毫した文字が艦名表示に使われ続けている。[10]

舞鶴藩出身で華族となったのは、藩主の牧野家と伊藤のみであった。1988年(昭和63年)、舞鶴市内の生誕地跡に、伊藤の顕彰碑が建立された。[3]

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

親族[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 明治19年2月に設置された海軍省艦政局[7]、明治22年3月に設置された海軍省第二局[7]は、いずれも艦政本部の前身[8]
  2. ^ 海軍参謀部(明治22年3月設置)は、海軍軍令部(明治26年5月設置)の前身[4]。海軍軍令部長が天皇に直隷していた[5]のに対し、海軍参謀部長は海軍大臣の隷下であった[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 秦 2005, p. 183, 「伊藤雋吉」
  2. ^ カシオ計算機(株)高精度計算サイト「Keisan」 「和暦から西暦変換(年月日)」で換算。
  3. ^ a b c d 舞鶴市民新聞 「マイプレス」 ふるさと見て歩き No42 伊藤雋吉顕彰の碑(舞鶴の名所旧跡) 2016年12月24日閲覧。
  4. ^ 秦 2005, p. 442, 「軍令部総長(海軍軍令部長)一覧」
  5. ^ 秦 2005, p. 522, 「明治26年5月 海軍軍令部の設置」
  6. ^ 秦 2005, p. 522, 「明治22年3月 参軍(ママ)参謀部条例の制定」
  7. ^ a b 秦 2005, pp. 515-516
  8. ^ 秦 2005, p. 441, 「艦政本部長(艦政局長)一覧」
  9. ^ 秦 2005, p. 434, 「海軍次官一覧」
  10. ^ 阿川 1976, pp. 69-70
  11. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  12. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  13. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  14. ^ 『官報』第3686号「叙任及辞令」1895年10月10日。

参考文献[編集]

  • 阿川弘之 『軍艦長門の生涯』上巻 六興出版、1976年 
  • 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典』 (第2版) 東京大学出版会、2005年 


先代:
仁礼景範
海軍参謀部長(軍令部総長)
第2代:1889年
次代:
有地品之允