沢本頼雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沢本 頼雄
Yorio Sawamoto.jpg
生誕 1886年11月15日
日本の旗 日本 山口県
死没 1965年6月29日
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
軍歴 1910年 - 1945年
最終階級 海軍大将
除隊後 水交会会長
テンプレートを表示

沢本 頼雄(さわもと よりお、1886年明治19年)11月15日 - 1965年昭和40年)6月29日)は、日本海軍軍人海軍兵学校36期海軍大学校17期。最終階級は海軍大将山口県出身。兵学校の同期生に南雲忠一大将、清水光美中将、塚原二四三大将、有栖川宮栽仁王少尉などがいる。

経歴[編集]

海兵を次席、恩賜で卒業。首席は同郷の佐藤市郎。沢本は海軍砲術学校高等科を修了した砲術専攻士官である。少佐時代には2年間英国に駐在した。軽巡「天龍」艦長、軍務局一課長、重巡「高雄」艦長、戦艦「日向」艦長、艦政本部総務部長、練習艦隊司令官、第二遣支艦隊司令長官などを歴任し、1941年(昭和16年)4月4日及川古志郎海軍大臣海軍次官に就任する。

沢本は日米開戦に対しては反対だったが、戦争回避のための行動については消極的で殆ど行動はしていない。第3次近衛内閣が総辞職し東条内閣が成立する際に、及川古志郎は後任の海相として豊田副武を推薦した。しかし豊田の陸軍嫌いは陸軍側に周知のことであり、陸軍は当然としてこれを拒否、沢本はこれを好機として内閣の流産を期待したが、結局嶋田繁太郎が海相に就任した。

日米開戦の決定についても、次官として開戦は承服しかねる、自信がないので次官を辞めさせてほしいと嶋田に頼むが、嶋田が沢本の大将昇進、連合艦隊司令長官への就任をちらつかせたために翻意する。これに関しては沢本も後年非常に悔いていた。

沢本は海軍次官に留まり、1944年(昭和19年)3月1日に大将昇進で軍事参議官兼海軍次官事務取扱になり、同年7月17日呉鎮守府司令長官、1945年(昭和20年)5月1日に軍事参議官となり、そのまま終戦を迎えた。戦後は、水交会会長を務めた。

栄典・授章・授賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第8021号「叙任及辞令」1910年3月23日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』東京大学出版会
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 (海軍篇)』芙蓉書房出版