江頭安太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江頭 安太郎
Egashira Yasutaro.jpg
生誕 1865年3月9日
死没 (1913-01-23) 1913年1月23日(47歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1888 - 1913
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

江頭 安太郎(えがしら やすたろう、1865年3月9日元治2年2月12日) - 1913年大正2年)1月23日)は日本海軍軍人。海軍中将従四位勲二等功三級皇太子徳仁親王妃雅子曾孫にあたる[1]

経歴[編集]

現在の佐賀県佐賀市北川副町大字木原に江頭嘉蔵・キノの次男として生まれた。江頭家は江戸時代佐賀藩鍋島家家臣だったとされている。父・嘉蔵の生年はわからないが、安太郎が生まれた頃すでに40数歳であったといわれる。安太郎が学齢期を迎えた頃、父・嘉蔵は佐賀中学校(現佐賀西高校)に小使として勤務していた[2]

安太郎は佐賀中学校から上京し攻玉社に入り、後に親族となる山屋他人と知り合った。海軍兵学校12期首席、海軍大学校5期優等。海軍省人事局長、海軍省軍務局長等の要職を歴任した。

人物像[編集]

江頭は、海軍兵学校在校中全科目で首席を占めたといわれ、海軍大学校甲号学生を首席卒業という稀な秀才であり、山本権兵衛に早くから目を付けられた逸材だった。日露戦争では大本営参謀を務め、人事局長、軍務局長と軍政畑を歩み海軍大臣候補であった。

年譜[編集]

  • 1886年(明治19年)12月7日 - 海軍兵学校卒業(12期)。海軍少尉候補生。
  • 1888年(明治21年)1月13日 - 任 海軍少尉
  • 1891年(明治24年)12月14日 - 任 海軍大尉・「比叡分隊
  • 1892年(明治25年)5月30日 - 海兵水雷術教官兼監事
  • 1893年(明治26年)12月19日 - 海軍大学校卒業・水雷術練習所学生
  • 1894年(明治27年)6月6日 - 「住ノ江丸乗組」(運送船監督)
    • 7月23日 - 「品川丸」乗組(工作船監督)
    • 12月5日 - 「金剛」航海長
  • 1895年(明治28年)3月9日 - 海軍省軍務局第一課課僚
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 軍務局軍事課課僚
    • 6月23日 - 防護巡洋艦「高砂」回航委員(イギリス出張)
    • 12月1日 - 任 海軍少佐
    • 12月10日 - 「高砂」水雷長
  • 1898年(明治31年)9月1日 - 海軍省大臣官房人事課課僚
    • 10月3日 - 兼軍務局軍事課課僚
  • 1899年(明治32年)3月22日 - 海大選科学生
    • 9月29日 - 任 海軍中佐
  • 1900年(明治33年)6月14日 - 軍務局課員兼海大教官
  • 1901年(明治34年)10月15日 - 装甲巡洋艦「出雲」副長
  • 1902年(明治35年)6月5日 - 装甲巡洋艦「八雲」副長
  • 1903年(明治36年)4月14日 - 待命
  • 1904年(明治37年)1月4日 – 兼軍令部副官
    • 1月21日 - 兼軍令部参謀(第三班長)
  • 1905年(明治38年)8月5日 - 免教育本部第一部長
    • 12月20日 – 免軍令部副官・任軍令部参謀(第四班長)
  • 1907年(明治40年)12月18日 - 巡洋戦艦生駒」艦長・呉工廠艤装委員
  • 1908年(明治41年)8月28日 -任 海軍少将旅順鎮守府参謀長
  • 1909年(明治42年)12月1日 - 佐世保鎮守府参謀長
  • 1911年(明治44年)3月11日 - 人事局長
  • 1912年(明治45年)4月20日 - 軍務局長
  • 1913年(大正2年)1月7日 - 任 海軍中将
    • 1月10日 - 待命

栄典[編集]

親族[編集]

系譜[編集]

江頭家
江頭嘉蔵━━江頭安太郎
        ┃
        ┣━━━江頭豊
        ┃    ┃
古賀喜三郎━━米子    ┣━━━優美子
             ┃    ┃
      山屋他人━━寿々子   ┣━━━雅子
                  ┃    ┃
                小和田恒   ┃
                     徳仁親王

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「小和田家系図」、『毎日グラフ臨時増刊 皇太子さま雅子さま ご成婚記念特別号』、毎日新聞社1993年6月26日、 161頁。
  2. ^ 川口素生『小和田家の歴史 - 雅子妃殿下のご実家』165頁。
  3. ^ 『官報』第3727号「叙任及辞令」1895年11月29日。
  4. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  5. ^ 『官報』第4906号「叙任及辞令」1899年11月7日。
  6. ^ 『官報』第5835号・付録「叙任及辞令」1902年12月13日。
  7. ^ 『官報』第6142号「叙任及辞令」1903年12月21日。
  8. ^ 『官報』7005号・付録「叙任及辞令」1906年11月2日。
  9. ^ 『官報』第7640号「叙任及辞令」1908年12月12日。
  10. ^ 『官報』第144号「叙任及辞令」1913年1月24日。
  11. ^ 毎日グラフ臨時増刊、1993.6.26『皇太子さま 雅子さま ご成婚記念特別号』
  12. ^ 毎日グラフ臨時増刊『皇太子さま 雅子さま ご成婚記念特別号』P127

参考文献[編集]

  • 江藤淳『一族再会』講談社、1988年。
  • 川口素生『小和田家の歴史 - 雅子妃殿下のご実家』新人物往来社、2001年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。

外部リンク[編集]