野間口兼雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野間口 兼雄
Nomaguchi Kaneo.jpg
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1888年1924年
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示

野間口 兼雄(のまぐち かねお、慶応2年2月14日1866年3月30日) - 昭和18年(1943年12月24日)は、日本の海軍軍人海軍大将

経歴[編集]

薩摩藩士の野間口用輔の三男として生まれる。明治19年(1886年)、海軍兵学校13期生)を卒業し、同21年(1888年)に少尉任官。砲艦「赤城」航海長、砲艦「龍田」回航委員(イギリス出張)、西海艦隊参謀、装甲艦「金剛(初代)」航海長、「富士」回航委員(イギリス出張)、「吉野」航海長を経て、明治31年(1898年)から翌年8月まで海軍大学校(選科学生)で学ぶ。その後、イギリス駐在等を経て、海軍省副官兼海相秘書官として山本権兵衛大臣に仕えた。

その後、巡洋艦「高千穂」艦長、「松島」艦長、「浅間」艦長、軍務局先任局員を経て、明治42年(1909年)に海軍少将第1艦隊参謀長となり、佐世保鎮守府参謀長、海軍砲術学校長、呉鎮守府参謀長、軍務局長、呉工廠長、海軍兵学校長、舞鶴鎮守府長官、第3艦隊長官を歴任し、大正9年(1920年)に海軍大将、さらに海軍教育本部長、横須賀鎮守府司令長官、軍事参議官を経て、同13年(1924年)に予備役に編入され、昭和10年(1936年)に退役した。

人物[編集]

非常に細かい性格で、金銭の出納にもうるさかった。書類の決済の際には、同意の割合に応じて、斜めに押印したり、逆さまに押印したこともあるという。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2379号「叙任及辞令」1891年6月6日。
  2. ^ 『官報』第3727号「叙任及辞令」1895年11月29日。
  3. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  4. ^ 『官報』第5230号「叙任及辞令」1900年12月6日。
  5. ^ 『官報』第6494号「叙任及辞令」1905年2月25日。
  6. ^ 『官報』7005号・付録「叙任及辞令」1906年11月2日。
  7. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  8. ^ 『官報』第7998号「叙任及辞令」1910年2月23日。
  9. ^ 『官報』第575号「叙任及辞令」1914年7月1日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  11. ^ 『官報』第3509号「叙任及辞令」1924年5月7日。

参考文献[編集]

  • 半藤一利他『歴代海軍大将全覧』中央公論新社〈中公新書ラクレ〉、 2005年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。