池田礼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いけだ れいこ
池田 礼子
生誕 (1966-07-08) 1966年7月8日(52歳)
スイスの旗 スイスジュネーヴ
出身校 慶應義塾大学
ジュネーブ大学
職業 国際公務員、翻訳家
配偶者 池田祐久
小和田恆(父親)
小和田優美子(母親)
家族 皇太子徳仁親王妃雅子(実姉)

池田 礼子(いけだ れいこ、出生名:マドレーヌ・オワダ〈Madeleine Owada〉、1966年(昭和41年)7月8日 - )は、国際公務員作家翻訳家皇太子徳仁親王妃雅子の実妹。国連ユニセフ駐日事務所副代表などを歴任。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

スイス連邦のジュネーヴ市で、当時在ソ連日本国大使館一等書記官・小和田恆の次女、小和田礼子として生まれる。双生児として生まれ、妹は節子(後に渋谷節子)であった。1973年昭和48年)4月、カトリック派にて洗礼を受け、マドレーヌという洗礼名を得た。

田園調布雙葉学園田園調布雙葉中学校・高等学校を卒業後、1988年(昭和63年)から一年間、両親と共に渡仏しフランス語学校に通う。同年3月、慶應義塾大学法学部を卒業する。1991年平成3年)8月にジュネーヴ大学法科大学院を修了した[1]

国連職員[編集]

1991年(平成3年)9月よりベトナム国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)に勤務、以降国連官僚(国際公務員)として、「戦時児童」担当国連事務総長特別代表事務所、国際連合児童基金、及び国際連合本部などに勤務した[2]。その後、国際連合ユニセフ駐日事務所副代表などを務めた。米国ニューヨーク国際連合事務局「子供と武力紛争に関する国際連合事務総長特別代表事務所」に勤務する[3]

私生活[編集]

2000年(平成12年)10月、米国ニューヨーク州弁護士池田祐久結婚した。2003年(平成15年)と2005年(平成17年)に、皇族が利用する愛育病院で2児を出産[4]

家族[編集]

CM出演[編集]

ビブリオグラフィ(翻訳)[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ハーパース・バザー日本版2001年10月号
  2. ^ プレジデントファミリー2007年6月号
  3. ^ 婦人公論2006年7月22日号
  4. ^ 週刊文春(ザ・プリンセス雅子妃物語)2013年7月11日号