富田仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富田 仁(とみた ひとし、1933年3月1日 - 2009年3月 )は、日本の比較文学者。

経歴[編集]

東京生まれ。1960年早稲田大学第一文学部仏文科卒業、62年同大学院修士課程修了、助手、65年博士課程修了。74年立正女子大学助教授、校名が文教大学と変わり、78年教授、84年日本大学法学部教授。

1984年、『フランス語事始』で高橋邦太郎賞、98年、『岩倉使節団のパリ』で日仏文化賞受賞。日本比較文学会理事を務め、日仏文化交流史において文学から食事まで数多くの著作、また比較文学文献学にも多数の業績がある。

2009年3月、死去。

著書[編集]

  • 『作品にみる東西文学の接点』早稲田大学出版部, 1972
  • 『仏蘭西学のあけぼの 仏学事始とその背景』カルチャー出版社, 1975
  • 『フランスに魅せられた人びと 中江兆民とその時代』カルチャー出版社, 1976
  • アルフォンス・ドーデと近代文学』カルチャー出版社 1977
  • 『日本近代比較文学史』桜楓社 1978
  • 『読書探訪ふらんす学の小径』桜楓社 1979
  • 『メルメ・カション 幕末フランス怪僧伝』有隣堂(有隣新書)1980
  • 『日本の産業技術事始め』ダイヤモンド社 1980
  • 『フランスの人間学 エスプリの原点』産業新潮社 1980
  • 『フランス小説移入考』東京書籍 1981
  • 『永遠のジャポン 異郷に眠るフランス人たち』早稲田大学出版部 1981
  • 『フランスとの出会い 中江兆民とその時代』三修社, 1981
  • 『西洋料理がやってきた』東京書籍(東書選書)1983
  • 『日仏のあけぼの』高文堂出版社 1983
  • 『フランス語事始 村上英俊とその時代』日本放送出版協会(NHKブックス)1983
  • ジュール・ヴェルヌと日本』花林書房 1984
  • 鹿鳴館 擬西洋化の世界』白水社 1984
  • 『長崎フランス物語』白水社, 1987
  • 『舶来事物起原事典』名著普及会, 1987
  • 『渡来食はじまり紀行』農山漁村文化協会, 1991
  • 『横浜ふらんす物語』白水社, 1991
  • 『舶来事物のネーミング』早稲田大学出版部, 1991
  • 『迷景の異文化 誤解された日本』教育社, 1991
  • 『現代キャンパスライフ異聞 愛しきかな学生、哀しきかな教師』白馬出版, 1992
  • 『日本のフランス文化 日仏交流の斜断譜』白地社 1993
  • 岩倉使節団のパリ 山田顕義木戸孝允その点と線の軌跡』翰林書房 1997
  • 『パリ点描』駿河台出版社 1998

共著・共編・編著[編集]

  • 『近代から現代への欧米文学の展開』星野恒彦 かがりび書房, 1970
  • 『ふらんす語事始 仏学始祖村上英俊の人と思想』高橋邦太郎,西堀昭 校倉書房, 1975
  • 芥川龍之介』(比較文学研究) 朝日出版社, 1978
  • 『横浜フランス物語 文明開化あ・ら・かると』 産業技術センター 1979
  • 『日本とフランス 出会いと交流』西堀昭共編 三修社, 1979
  • 『欧米文学交流の諸様相』長谷川勉共編 三修社, 1983
  • 横須賀製鉄所の人びと 花ひらくフランス文化』西堀昭 有隣堂・新書, 1983
  • 『日本近代文学と西洋』佐藤孝己共編 駿河台出版社, 1984
  • 『比較文学研究文献要覧 1945~1980 日本近代文学と西洋文学』日外アソシエーツ, 1984
  • 『海を越えた日本人名事典』 日外アソシエーツ, 1985
  • 『異文化との出会い 日本人と欧米人の海外体験』 三修社, 1986
  • 『明治のフランス文学 フランス学からの出発』赤瀬雅子共編 駿河台出版社, 1987
  • 『街角のフランス語』 村岡正明 駿河台出版社, 1988
  • 『比較文学年表』 日外アソシエーツ, 1988
  • 『グルメは文化である 舶来飲食物の軌跡』内海あぐり 白馬出版, 1988
  • 『海外交流史事典』 日外アソシエーツ, 1989
  • 『事典外国人の見た日本』 日外アソシエーツ, 1992
  • 『事典近代日本の先駆者』 日外アソシエーツ, 1995
  • 『日本初めて話題事典』 ぎょうせい 1998

翻訳[編集]