増田義一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
増田義一

増田 義一(ますだ ぎいち、1869年11月24日〈明治2年10月21日〉 - 1949年〈昭和24年〉4月27日)は、日本の出版人政治家

経歴[編集]

越後国(現新潟県上越市板倉区)出[1]東京専門学校(現早稲田大学)卒[1]読売新聞社に入社[1]。1895年学友の光岡威一郎が創刊した『実業之日本』(大日本実業学会)の編集に参画するが、光岡が病気のため編集・発行権を譲られ、1900年読売を退社して実業之日本社を創立、社長となる[1][2]。1906年『婦人世界』『日本少年』、1908年『少女の友』を創刊、1937年『新女苑』を創刊するなど多くの雑誌を刊行[2]大日本印刷などの創立に参加、日本雑誌協会会長。

1912年衆議院議員となり、当選8回(日本進歩党所属)、1931年衆議院副議長[3]。戦後、公職追放となった[4]

栄典[編集]

編著書[編集]

  • 『金貨本位之日本 幣制改革後の影響』天野為之校 大日本実業学会、1897
  • 『最近世界交通地圖』編 實業之日本社、1901
  • 『青年と修養』実業之日本社、1912
  • 『南洋詳細地圖』編 實業之日本社、1915
  • 『大国民の根抵』実業之日本社、1920
  • 『思想善導の基準』実業之日本社、1921
  • 『立身の基礎』実業之日本社、1923
  • 『青年出世訓』実業之日本社、1925
  • 『金枝玉葉帖 御大典記念』編 実業之日本社、1928
  • 『婦人と修養』実業之日本社、1928
  • 『処世新道』実業之日本社、1929
  • 『英傑の少年時代』實業之日本社、1934
  • 『群を抜く道』実業之日本社、1934
  • 『現代名士逸話随筆』実業之日本社、1936
  • 『今後の進み方』実業之日本社、1937
  • 『国策と個人』実業之日本社、1939

編纂[編集]

国政選挙歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 渋沢栄一と増田義一 ―企画展「渋沢栄一と『実業之日本』」開催にあたって―|史料館だより|渋沢史料館|公益財団法人 渋沢栄一記念財団”. www.shibusawa.or.jp. 2019年2月25日閲覧。
  2. ^ a b 実業之日本社(日本語) 『会社小史|実業之日本社』http://www.j-n.co.jp/company/history.html 
  3. ^ 衆議院歴代議長・副議長一覧”. www.shugiin.go.jp. 2019年2月25日閲覧。
  4. ^ 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、一般該当者名簿319頁。公職追放の該当事項は「大日本政治会新潟県支部長 大日本赤誠会県支部長 実業之日本社代表取締役社長」。
  5. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。
  6. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 自第7回至第13回』48頁。
  7. ^ 『官報』第707号、大正3年12月9日。
  8. ^ 衆議院事務局『第一回乃至第十九回総選挙衆議院議員当選回数調』1936年、249頁。
  9. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第15回』9頁。
  10. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第16回』77頁。
  11. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第17回』78頁。
  12. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第18回』83頁。
  13. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第19回』81頁。
  14. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第20回』75頁。
  15. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第21回』186頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 自第7回至第13回』衆議院事務局、1918年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第15回』衆議院事務局、1926年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第16回』衆議院事務局、1928年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第17回』衆議院事務局、1930年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第18回』衆議院事務局、1932年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第20回』衆議院事務局、1937年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第21回』衆議院事務局、1943年。
  • 鈴木徹造『出版人物事典』出版ニュース社、1996
  • コトバンク
  • 『人事興信録』1995、増田義彦、増田義和の項